ボディークロック研究所Body Clock Research Center

Body Clockリセットで、日本のパフォーマンス向上を目指します

ビジョン

3.5 trillion

不眠による経済損失3.5兆円の削減に貢献します。

17 medals

子どもの体力向上を支援し、東京オリンピックでのメダル獲得に貢献します。

1 of the world

子どもの学力世界1位の達成を支援します。

ボディクロック
研究会とは

ボディクロック(体内時計)の改善により日本の睡眠衛生を向上させ、日本全体の活力やパフォーマンスを向上させることを目的に、睡眠に関連した専門家が集まり発足した研究会です。ボディクロックと睡眠、勉強、仕事、美容、食事、運動の関係を探り、パフォーマンスを最大化するために、ボディクロック研究会では様々な研究や情報発信を行ってまいります。近年、親の生活習慣の乱れにより、日本の将来の成長を担う子どもの睡眠が脅かされています。ボディクロック研究会では、専門家の深い見識に基づく情報発信を行い、睡眠教育を推進することで、子どもの睡眠を守り、日本の将来の成長につなげたいと考えています。

研究会メンバー

内村 直尚 先生

内村 直尚先生

ボディクロック研究会 理事長
久留米大学医学部 医学部長
神経精神医学講座 主任教授

明石 真 先生

明石 真先生

ボディクロック研究会 研究会員
山口大学 時間学研究所 教授

岡 靖哲 先生

岡 靖哲先生

ボディクロック研究会 研究会員
愛媛大学医学部附属病院 睡眠医療センター センター長

柴田 重信 先生

柴田 重信先生

ボディクロック研究会 研究会員
早稲田大学 先進理工学部 先進理工学部
電気・情報生命工学科生理・薬学研究室 教授

松本 悠貴 先生

松本 悠貴先生

ボディクロック研究会 研究会員
久留米大学医学部 環境医学講座 助教

三橋 美穂 先生

三橋 美穂先生

ボディクロック研究会 研究会員
有限会社Sleepeace(スリーピース) 代表

(理事長以下、研究会メンバーは五十音順)

ボディクロック
(体内時計)とは

人間の体に備わっており、カラダのさまざまな生体リズムを調節しているのがボディクロック(体内時計)です。ボディクロックは、「時計遺伝子」と呼ばれる細胞で構成された細胞群です。これらの細胞群は、今が何時で何をすべきなのかを体全体に伝えます。ボディクロックは、私たちの生活に様々に影響を与えます。

パフォーマンス向上の
ボディクロックルール

  • “勉強や仕事開始の3時間前に起床する”ことでボディクロックを朝型に
  • “起床時に朝日を浴びる”ことでボディクロックをリセット
  • “朝食を毎日食べる”ことでボディクロックをスタート
  • “10分程度の昼寝を午後3時までに取る”ことでボディクロックの微調整
  • “平日・休日の起床時間を一定にする”ことでボディクロックのズレ防止

ボディクロックと
子どもの学力

睡眠は心身の中枢である脳を育て、守り、修復する大切な役割を果たしています。適切な睡眠は子供の成長過程において、最も重要な要素の一つといえます。昼寝を活用し、適切な睡眠を取ることで生徒の成績がアップしたという調査結果も。ボディクロックの改善で頭がすっきりして学習に集中でき、一日を有意義に過ごせ、心理的にも余裕が生まれることで、学力の向上に繋がります。

ボディクロックと美容

ボディクロックは、ダイエットや美容の強い見方です。ボディクロックが崩れると、睡眠の質が低下し、成長ホルモンの分泌抑制や食欲増強ホルモンの分泌促進につながります。最近お肌の調子が悪い、なかなかダイエットがうまくいかない、そんな方はボディクロックを見直しましょう。

ボディクロックと

ボディクロックと食は密接に関係しています。朝食は、ボディクロックをリセットし、身体を活動状態へと導きます。夕食を遅い時間にたくさん摂ると、ボディクロックが夜型にシフトしてしまい、夜更かし型の生活に陥りやすくなります。朝食にウェイトをおいた食生活を送ることで、ボディクロックを朝型にシフトさせましょう。

ボディクロックと仕事

ボディクロックと仕事の効率には、深い関係があります。睡眠の質を高め、朝の光を浴びることで、ボディクロックのズレはリセットされ、集中力や思考力が高まると言われています。また、誰もが経験のある午後の眠気にも、概日リズム(サーカディアンリズム)が影響していますが、適切な時間帯に短時間の昼寝を取り入れることで解消されます。ボディクロックを正しく知ることが、仕事の質と効率を高めることにつながります。

ボディクロックと運動

健康維持のために運動は欠かせませんが、運動には適した時間とそうでない時間があります。例えば、夜遅くに運動するとボディクロックが夜型化することが明らかになっています。適切な時間に適切な運動を行うことで、健康的な身体を維持し、パフォーマンスを最大化しましょう。

3D睡眠診断

睡眠型のタイプは、「良好型」「不規則型」「短眠型」「質低下型」「不規則・短眠型」「不規則・質低下型」「短眠・質低下型」「不良型」 8パターンあります。

自分の睡眠型を知ることで改善ポイントが見えてきます!
あなたの睡眠型のタイプのチェックしてみましょう。

※3D睡眠診断に関する解説はこちらをお読みください。
※本診断は、医療診断や行為を目的としたものではありません。
※本診断は、主に日勤の労働者の方を対象としております。
※高齢者、非勤労者の方は、こちらをお読み下さい。

START

  • Q1
    平日・休日に関わらず、就寝時刻はほとんど変わらない
    Q2
    平日・休日に関わらず、起床時刻はほとんど変わらない
    Q3
    朝食は毎日きちんとした食事を摂っている
    Q4
    「朝型」と「夜型」でいうと、自分は「朝型」である
    Q5
    平日の起床時刻

毎月24日は「ボディクロックの日」

" ボディクロックは、24時間周期に近いとされています。しかし、平均より長い人も短い人もいます。24時間よりも周期が長い人や短い人は、生活習慣の乱れなどから、ボディクロックがずれてしまいます。ボディクロック研究会では、定期的にボディクロックを24時間周期のリズムに合わせることを意識してもらうため、毎月24日を「ボディクロックの日」として制定いたしました。 "