サイレースの効果と副作用【不眠症で眠れないあなたの睡眠薬辞典】

Medical 2017年03月02日(木)

サイレースの効果と副作用【不眠症で眠れないあなたの睡眠薬辞典】

7035932329_44ce083b1b_o

サイレースを飲んでいる人、処方された人必見。サイレースの効果、副作用や注意点など、すべて解説します。

 

■薬の効果


サイレース(フルニトラゼパム)は、入眠困難、中途覚醒、熟眠障害の不眠に有効です。とくに、サイレースは抗不安作用および筋弛緩作用を有しているため、不眠の患者がもちやすい不安に対する効果があります。

 

■用法・用量


通常、成人は1回0.5~2 mgを就寝前に服用しますが、年齢、症状により適宜増減します。ただし、高齢者は1回1mgまでとします。

 

■主な副作用や注意点


サイレースは、急性隅角緑内障の患者、および重症筋無力症の患者には禁忌です。
また、肺性心、肺気腫、気管支喘息、および脳血管障害の急性期などで呼吸機能が高度に低下している患者は炭酸ガスナルコーシス(高炭酸ガス血症により意識障害などを伴う病態)を起こしやすいため、投与しないことが原則ですが、必要な場合は慎重に投与します。

アルコール、中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体、鎮痛薬など)とは相互作用を有するので、併用する際は注意しましょう。

必ず、指示された服用方法を守りましょう。飲み忘れた場合、寝つく前であればすぐ内服し、翌朝気づいた場合は内服しないようにしましょう。絶対に2回分を一度には飲まないように注意します。

また、医師の指示なしに自分で判断して飲むのをやめたり、飲む量を増やしたりせず、誤って多くを飲んでしまった場合は、医師または薬剤師に相談します。

自動車の運転など、危険を伴う機械の操作は避けましょう。飲酒はこの薬の作用を強めるので避けて下さい。

妊娠または授乳中は必ず医師または薬剤師に相談しましょう。

なお、サイレースの副作用は、総症例13,205例中、792例(6.00%)報告されており、主な副作用は、ふらつき、眠気(1%以上)、倦怠感(1%以上)でした(再審査終了時)。

本剤は主成分「フルニトラゼパム」、商品名「ロヒプノール」として中外製薬からもサイレースと同年同月で販売開始されています。ロヒピノールの剤形、用法・用量、効果、主な副作用等については主成分が同じであるため、サイレースと同様です。

 

■販売開始日


1984年3月

 

■製造販売元


エーザイ株式会社

 

参考URL:

サイレース 添付文書
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00001507.pdf

 

<筆者プロフィール>

薬剤師、某国立大大学院卒。
大手ライフサイエンス関連企業にて、10年以上、医療用医薬品の研究開発業務に従事。
専門は臨床開発。医療用医薬品の承認審査業務について、市場ニーズ調査、臨床試験デザイン、データ収集、解析、承認申請用資料作成などの観点から関わり、実績を挙げている。

 

Photo by Victor

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂