レンドルミンの効果と副作用【不眠症で眠れないあなたの睡眠薬辞典】

Medical 2016年12月20日(火)

レンドルミンの効果と副作用【不眠症で眠れないあなたの睡眠薬辞典】

7035932329_44ce083b1b_o

レンドルミンを飲んでる人、処方された人必見。レンドルミンの効果、副作用や注意点など、すべて解説します。

 

■薬の効果


レンドルミンは、不眠症の治療に用いるお薬です。服薬後早期(通常15~30分)に催眠作用が出現するため、とくに入眠困難を訴える神経症に伴う不眠には効果的で、半錠(0.125 mg)で十分な場合もあります。

レンドルミンは持ち越し効果(服用翌日まで睡眠薬の影響が残ってしまうこと)も弱いため、高齢者にも比較的用いやすくなっています。

レンドルミンのような短時間作用型の睡眠薬は、少量での使用では服薬中に日中の不安症状がみられることがありますが、これは昼間に薬剤が消失している過程で退薬症状(依存しやすい薬物を長期間使用して、急に服用を中止したり、減量した時に起こる症状)として出現するものです。

 

■用法・用量


不眠症に対して、本剤0.25 mg就寝前(適宜増減)。

 

■主な副作用や注意点


重症筋無力症や急性隅角緑内障の患者への投与は禁忌です。呼吸機能の低下している患者への投与は炭酸ガスナルコーシス(高炭酸ガス血症により意識障害などを伴う病態)を起こす危険性があるため原則禁忌です。

不眠症が改善しても、反跳性不眠(服薬中止後に以前よりも強い不眠が出現する現象)の原因となるため急激な投与中止はせず、1~2週間ごとに投与量を半分にするなどの方法で徐々に減らしていきます。

本剤のように短時間作用型のものは反跳性不眠の出現の可能性が高いため、処方の中断・減量はより慎重になる必要があります。

高齢者では、運動失調(筋肉の運きは正常であるにもかかわらず、関連する神経がうまく働かないため、目的とする運動がうまくできなくなる状態)などの副作用が出現しやすいため少量から開始します。長期にわたる投与が必要な症例もありますが、臨床用量の範囲内であれば、とくに問題視することはありません。

必ず就寝前に服用します。服用して就寝した後、睡眠途中に起床して仕事をする可能性があるときには健忘をきたすことがあるため服用しないようにしましょう。

アルコールとの併用は、作用を増強させる可能性があるため避けます。服用の中断・減量の際には必ず医師と相談します。眠気や集中力の低下などの作用が翌朝以降にも及ぶことがありますので、危険を伴う作業には従事しないようにしましょう。

ペンゾジアゼピン化合物で、新生児に哺乳困難、嘔吐、活動低下、筋緊張低下、過緊張、傾眠(強い眠気を感じて、うとうとする状態)、呼吸抑制チアノーゼ、易刺激性、神経過敏、振戦(意思とは関係無く生じる細かいふるえ)、低体温、頻脈等をおこすことが報告されているため、妊娠後期の婦人は有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用します。

 

■販売開始日


2002年7月

 

■製造販売元


日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

 

参考URL:

レンドルミン 添付文書
http://www.bij-kusuri.jp/leaflet/attach/pdf/len_dt0_25_pi.pdf

 

<筆者プロフィール>

薬剤師、某国立大大学院卒。
大手ライフサイエンス関連企業にて、10年以上、医療用医薬品の研究開発業務に従事。
専門は臨床開発。医療用医薬品の承認審査業務について、市場ニーズ調査、臨床試験デザイン、データ収集、解析、承認申請用資料作成などの観点から関わり、実績を挙げている。

 

Photo by Victor

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂