<ドクターズインタビュー>現代人は「眠りたいのに眠れない」。その原因とは?

Medical 2016年10月31日(月)

<ドクターズインタビュー>現代人は「眠りたいのに眠れない」。その原因とは?

現代人は「眠りたいのに眠れない」

ドクターズインタビューのコーナーでは、睡眠の専門家である全国のドクターに、睡眠に関する様々なお話を伺います。今回は、愛知医科大学 睡眠科 教授の塩見 利明 先生に、不眠の原因とタイプについてお伺いしました。

Q 現代の不眠症に何か特徴はあるのでしょうか。

A 「眠りたいのに眠れない」という訴えでしょうね。

現代社会において睡眠時間とはどうとらえられているか。仕事をする時間と、家庭や自分のために過ごす時間の他に残った時間を睡眠に充てていると考える人が多いのではないでしょうか。起きて活動している時間がメインであり、睡眠は必要不可欠というよりも、疲れを消去するために、仕方がなく眠らなければならないという感覚に陥っているのが現代人の睡眠の考え方になってはいないでしょうか。現代はコンビニがあり、24時間営業のスーパーもあり、テレビがあって、パソコンもスマホもある。これは眠る以外にすることがたくさんある社会です。

言い換えれば眠るタイミングが分からない社会です。現代は光環境が進化しました。

電灯が発明される以前の時代は夜は必然的に暗くなっていたから、暗さのなかで自然と眠れたんですね。しかし真夜中まで光にあふれた現代は、夜に仕事もできるし、プライベートの時間も延長できます。誰もが簡単に、睡眠時間を削ることができる時代だといえます。
睡眠不足

Q 昔と現代との不眠タイプに違いはありますか。

A かつては単純に眠る時間がないという睡眠不足の患者さんが多くいました。

現代は睡眠不足に加えて、眠れないタイプが増えています。特に社会人は眠れないと焦ります。

明日起きなきゃいけない、早く寝なきゃいけない、という気持ちですね。この「睡眠時間を無駄にできない」と焦りの気持ちから不眠になり、それが続くと不眠症へと進んでしまいます。

Q 不眠と不眠症は違うのですか。

A 誰しも経験する、試験や大事なプレゼンの前日に眠れない、というのは不眠です。

通常はこの試験やプレゼンが終われば少なくとも数日から数週間のうちに眠れるようになります。しかし不眠症は、眠れない状態が長く続いていて、昼間の活動時間帯にまで影響が出るものを指します。不眠症には定義があります。厚生労働省によると「入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調が出現する病気」と定義されています※1。

Q どうすれば不眠症になるのを避けられますか。

A まずは心配事などのストレスがあれば、それを取り除いてしまうことです。

そして眠る環境を整えることも重要です。夜にはパソコンやスマホなどの強い照明を浴びないようにするだけでも、睡眠の質に違いが出ます。
夜間の光

Q 夜間のパソコンやスマホの使用で睡眠の質に差が出るのはなぜですか。

A 人間は光があることで活動をします。光がなければ活動しづらくなりますよね。

まだエジソンが電気を発明する以前、日が暮れれば暗くなり眠る、という生活を何千年も人間は続けていました。夜になっても光のあふれた環境があるという歴史は百年ちょっとしか人類は経験していないんです。夜になっても昼間と同じような活動を続けると、睡眠のリズムは崩れてしまいます。無意識に「いつ眠ったらよいのか分からない」という生活リズムの乱れが生じるわけです。

Q でも都会だけではなく、地方の生活でも照明はあるし、スマホもパソコンもありますよね。現代の機器なしに生活するのは難しくありませんか。

A そう思い込んでいるだけかもしれませんよ。

私は鹿児島県の屋久島に毎年一度行っています。屋久島には今でもコンビニがありません。そして朝の6時と夜の9時には音楽が島内放送から流れて、起床と消灯の時間を設けています。昼間は活動し、夜には休む、というリズムを大切にした生活を送っているんです。不眠を訴える人は、まずいらっしゃらない。明るい昼間に勉強や仕事をこなし、夜の闇にしたがって睡眠に入る。そんな屋久島の生活を目の当たりにして、私は感動すら覚えました。不眠症にならないためには、自分で1日のリズムを作り出す「睡眠習慣の獲得」が大事なのです。難しいことではありません。夜は暗い環境にして、光を浴びないように心がける。それだけで1日のリズムは整ってきます。すると不眠症に陥るリスクを避けられるのです。

参考
※1: 厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット 不眠症
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html

【提供:武田薬品工業株式会社

photo by Mike McCune

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂