睡眠サプリの中身って何が入ってるの? 成分ごとの違いに注目

Food 2016年08月25日(木)

睡眠サプリの中身って何が入ってるの? 成分ごとの違いに注目

睡眠サプリ

コンビニなどで簡単に手に入るサプリメント。みなさんは、サプリメントを飲んでいますか? ときどき、大量に飲んでいる人を見かけますが、気になるのはサプリメントについて、また中身について、しっかり把握しているのかな……ということ。自分の体の中に入るものが何の成分で、どのような効果があるのかはチェックしておきたいものですよね!

サプリメントって何?

眠れない夜に睡眠サプリを飲むことってありますよね。でも、何げなく飲んでいるそのサプリメント、中に何が入っているか、ちゃんとご存知ですか?

知らずに飲んでいるという人も少なくないと思うので、今回は睡眠サプリの実態に迫ります。

そもそも、サプリメントとは薬品ではなく「食品」に分類されるものです。
英語では「supplement」日本語にすると「補足」なので、サプリメント=補足食品のことを指します。

通常の食事でビタミン、カルシウムなどの栄養素をしっかり摂れている人にとって、サプリメントはあまり必要のないものですが、コンビニご飯やファストフードがたくさん消費されている現代は、心強い味方になっている一面があります。

サプリメントは薬品ではないので、コンビニで簡単に手に入れることができます。気になる人は早速コンビニでチェックしてみてはいかがでしょうか?

睡眠サプリの気になる中身

それでは本題の「睡眠サプリ」について解説しましょう。

睡眠サプリとは、眠りやすくなる、ぐっすり眠れるなど、睡眠に効果があると言われているサプリメントのことを指します。

その中身は一体どのようなものなのでしょうか?

睡眠サプリの成分「グリシン」の効果

睡眠サプリメントの成分に「グリシン」というものがあります。これは非必須アミノ酸の1つで、食品では肉類やエビ、カニなどの甲殻類、ホタテなどに入っているものです。

グリシンは睡眠の質を高める効果があると言われています。その理由の1つは血行改善にあります。

グリシンを飲むと、血行がよくなり、体の隅々まで血液がいきわたるので、熱が外に放出されやすくなります。

私たちの体は体温が下がるときに眠くなる性質があるので、グリシンを飲むと眠気が誘発されるというわけです。これは入浴でも同様の効果が期待できるそうです。

GABA(ギャバ)も凄い!

「GABA」も睡眠改善に効果がある成分とされています。

GABAは睡眠中に多く分泌される物質ですが、過剰なストレスなどにさらされていると、分泌量が減少するそうです。
GABAが減少すると、睡眠の質が悪くなると考えられています。

ある調査によると、睡眠に悩みをもつ人は、そうでない人に比べてGABAの量が3割近く少なかったとも言われています。

最近、よく眠れないという人は一度試してみるといいかもしれませんね。

トリプトファンとは?

トリプトファンも安眠をもたらすと言われています。

私たちがトリプトファンを摂取すると、脳内にセロトニンと呼ばれる神経伝達物質が増えるそうです。

セロトニンは簡単に言えば「リラックス効果」をもたらす物質で、精神安定や鎮痛の効果があります。

また、セロトニンが増えるとスムーズに眠れるようになると言われているので、トリプトファンを飲む → セロトニンが増える → 安眠に繋がるという、よい睡眠への連鎖が期待できるのです。

睡眠サプリに依存しすぎない!

最後に、冒頭でも書いた通り、睡眠サプリは「薬品」ではないので、必ずあなたに安眠をもたらすものではないということも覚えておいてください。

飲む前には必ず成分をしっかり確認すること!
気になる成分があったら、ネットでチェックしてみるのもよいでしょう。
現在は簡単に情報が手に入る時代なので、そのメリットを存分に生かしたいところです。

また、睡眠サプリだけでなく、睡眠改善に繋がる生活習慣も身に付けたいものです。
運動や適切な食事、入浴、生活リズムの保持など、できることはたくさんあります。

眠れないと悩んでいる原因が「寝すぎ」だったり「運動不足」だったり、じつは身近なところにもあるのです。

睡眠サプリを飲むのもよいですが、まずはあなたの生活を見直してみることをオススメします。

photo by acworks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂