初めての睡眠外来。病院やクリニックはどうやって選べばいい?

Medical 2016年07月14日(木)

初めての睡眠外来。病院やクリニックはどうやって選べばいい?

睡眠外来

大人になっても病院へ行くのは怖いし、嫌なものですよね。きっと、それはみんな同じです。ただ、睡眠障害の場合、放っておくと日中の行動に悪影響が出て、思わぬ事故を引き起こす可能性があります。病院へ行くことよりも、事故を起こしたり、事故に巻き込まれたりするほうがもっと怖いですよね。そこで今回は、初めての方でも安心して睡眠外来へ行けるように、簡単なガイドを作成します!

睡眠に悩みを抱えていませんか?

日本人の成人5人に1人が睡眠に悩みを抱えていると言われています。

眠れないと悩んでいる人の中には、睡眠障害を患っている人も少なくありません。睡眠障害と一言でいっても、不眠症や概日リズム睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな症状があります。

「眠れなくても、何とかやっていけるからいいや」と睡眠障害を放置しておく人もいるかもしれませんが、睡眠の質の低下は、日中の行動に悪影響を及ぼします。

集中力の低下や耐えることができない眠気などが原因で、事故を引き起こしてしまうケースもあります。さらに、その状態が長期間続くと、うつ病などの精神障害に至る可能性もあります。

「たかが睡眠」と軽く考えてしまいがちですが、睡眠に悩みがある方は早めに医師に相談するようにしましょう。

初めての方のための睡眠外来ガイド

睡眠に悩みを抱える人や睡眠障害の患者が通う病院、またはクリニック専門外来を「睡眠外来」と呼びます。初めての人は、どこに睡眠外来があって、どこが自分にとって最適なのか、なかなかわからないものですよね。

そこで今回は、「初めての方のための睡眠外来ガイド」をつくってみます!

日本睡眠学会の認定機関

日本には、睡眠に特化した専門家が集まって構成する学術研究会があります。その名は「日本睡眠学会」。

ホームページを見てみると、設立目的は「睡眠の科学研究の推進および睡眠に関する医学・医療の充実、それらを通して国民の健康増進に寄与すること」とあります。

この日本睡眠学会が認定している機関があり、同ホームページ上でチェックすることができます。興味がある方は1つの目安として、下記URLから見てみてください。

http://jssr.jp/data/list.html

住所でネット検索

近くに日本睡眠学会の認定機関がない場合は、自分の住所と「睡眠外来」または「睡眠クリニック」などの語句で検索してみましょう。

たとえば、「渋谷区 睡眠外来」で検索すると、睡眠総合ケアクリニック代々木や渋谷睡眠メディカルクリニック、青山渋谷メディカルクリニックなどが出てきます。

それぞれのホームページを見て、自分の悩みに合った病院かどうか、雰囲気はどうかということをチェックしてみるとよいでしょう。

いきなり行くのが不安な場合は、まずは電話で相談してみることをおすすめします。

総合病院にも睡眠外来はある

総合病院にも睡眠外来があるところもあります。

ただ、総合病院は紹介状が必要な場合があるので、その点は事前にホームページなどで確認することを忘れずに。

大切なことは、自分の勝手な判断で治療法を試さずにプロに見てもらうことです。

最初はちょっと怖くて、億劫に思うところがあるかもしれませんが、診断と治療はプロである医師に任せましょう。

まずはカウンセリング

一般的に、睡眠外来へ行くと、まずはカウンセリングや問診が行われます。

これはあなたが睡眠のどの部分で悩んでいて、どのような症状があるのかを正確に知るためです。

冒頭でも書いた通り、睡眠障害にはさまざまなタイプがあります。

変わったところでは布団に入ると足がムズムズして眠れなくなる「周期性四肢運動障害」といったものもあるので、睡眠外来ではカウンセリングをもとに、原因と病名を探っていきます。

いきなり注射をする、薬を飲まされるといったことはありませんので、その点はご安心ください。睡眠のプロが豊富な知識と経験から、的確な治療法を提示してくれることでしょう。

睡眠障害の症状が緩和すれば、日中の仕事効率がアップしたり、週末の休みがもっと楽しくなったりするかもしれませんよ。

photo by acworks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂