絶対に起きなければならない朝がある! 欠かせない目覚まし時計

Goods 2016年06月13日(月)

絶対に起きなければならない朝がある! 欠かせない目覚まし時計

砂時計

「実家で親と同居していた頃は朝起こしてもらえたけど、一人暮らしになってそれがなくなったら寝坊癖がついた……」、そんな悩みを抱える新人ビジネスマンも多いのではないでしょうか? 社会人になったら遅刻は何度でも許されるものではありません。クビになってしまう前に、絶対に起きることができる目覚まし時計を見つけましょう!

太陽の光がスイッチを入れる

人間は日々、睡眠と覚醒を繰り返しています。寝たら必ず起きるというサイクルを繰り返しているわけですが、なぜ私たちは目を覚ますのでしょうか? ちょっと不思議ではありませんか?

調べてみたところ、理由の1つには太陽の光があるようです。朝方になって光が目に入ると、体を活発にする交感神経が刺激されて体が自然と覚醒状態に入ると考えられています。

実際に、光を遮る効果がある遮光カーテンをつけて眠ると、朝になっても光が入ってこないので、目覚めのスイッチが入らず、スムーズに起きることができないのだとか。遮光カーテンを閉めて寝ている方は「それ、わかる」と感じるのではないでしょうか。

どうしても朝起きられないとお悩みの方は、カーテンを少し開けて眠るとよいかもしれませんよ。

目覚まし時計3選

とはいえ、光だけで決まった時刻に簡単に目覚めることができたらよいのですが、実際はそうはいかないものです。特にビジネスマンには「出張で朝イチの飛行機に乗る」「大事な会議がある」など、絶対に起きなければならない朝があります。

そんなときに大活躍する目覚まし時計の人気商品を紹介します。

RAIDEN

約14cm×5cm×4cmとコンパクトなボディにもかかわらず、大音量のアラームで起こしてくれる目覚まし時計が「RAIDEN(ライデン)」です。

スマホなどで音楽をアラームにしている人も多いと思いますが、聞き心地がよいせいか目覚められないことってありますよね。でも、このRAIDENは最初は抑えた音量でスタートし、起きないと大音量になるという構造なので安心です。

出張先のホテルに持ち込むビジネスマンも多いようですよ。

アイデアボード目覚まし時計

続いて紹介するのは、ちょっと変わった目覚まし時計です。その名も「アイデアボード目覚まし時計」。

デジタルLED表示の時計の上に文字が書ける透明なボードがついていて、そこに専用の付属ペンで「寝る前に明日やることを書く」「寝ていて面白いアイデアが思いついたときに書く」といった使い方ができます。文字はティッシュでも消せるのだとか。

翌朝にやることを具体的にイメージしながら眠れば、寝坊もすっかりなくなるかも!? 朝になるとやることを忘れてしまうという人は一度チェックしてみてくださいね。

サッカーゲーム目覚まし時計

今年はリオオリンピックにワールドカップ予選と、サッカー好きにはたまらない1年になりそうですね。そんな人におすすめしたいのが「サッカーゲーム目覚まし時計」です。

名前の通り、球体形の時計上部がサッカーコートになっていて、本体を傾けてボールをゴールに入れないとアラームが止まらないという仕組みになっています。

四六時中サッカーのことを考えてる人には、最適の朝の迎え方ではありませんか!?

複数のアラームで寝坊を回避!

最後に、どんなに強力な目覚まし時計をセットしても、どうしても二度寝してしまうという人におすすめの方法を紹介します。

それは「目覚まし時計1つに頼らず、複数のアラームをセットすること」です。当たり前に思うかもしれませんが、これは効果がある方法です。

どうしても寝坊ができない日は、①目覚まし時計、②スマホのアラーム、③テレビのタイマースイッチの3つをまとめてセットしてみてはいかがでしょうか。

目覚まし時計で二度寝しても、スマホが攻めてきて、それでもダメなら離れた場所にあるテレビがつく――これだけやれば、どんなに寝坊癖のある人でも起きてしまうものです。

また、根本的な解決法としては「起床時間を一定にする」という方法もあります。リズムを固定することで、自然に目が覚めるようになるものですよ。

photo by akizou

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂