眠気のツボを知っているかどうかで生活がガラッと変わる!?

Health & Beauty 2016年05月19日(木)

眠気のツボを知っているかどうかで生活がガラッと変わる!?

マッサージ

あなたのまわりにもいませんか? 「いつもシャキシャキしている」という人。みんなが眠気を感じている午後の時間にも機敏に動き、仕事をどんどんこなしていき、定時になるとパッと帰る人です。きっと、仕事を定時で切り上げた後は充実したプライベートを過ごしているはず。そんな人のシャキシャキの秘密は眠気解消のツボを知っていることかもしれません。

眠気と闘う現代人

「あぁ、眠い……」、こう感じたときにベッドでぐっすり眠れたら幸せではないでしょうか。でも、たいてい眠気がやってくるのは会社で仕事をしているときや学校で勉強をしているときなど、“眠ってはいけないタイミング”。

それをいかに乗り切るかということに頭を抱えている人も多いでしょう。よく言われている方法のひとつに「カフェインを摂取する」というものがあります。

コーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれているカフェインは覚醒作用があるので、眠気が覚めるというわけです。ただカフェイン目覚まし法の弱点は即効性がないところで、その効果が表れるのはカフェインを摂取して30分から1時間ほど経過したあとと言われています。

何かすぐに効果が出る目覚まし方法はないのでしょうか?

頭・顔・首の眠気解消のツボ

探してみたところ、あるんです。そんな方法が!

それは眠気を覚ます効果があると言われている「ツボを押す」こと。ツボを押すだけであれば、会社や学校など、どこでも簡単にできるのでうれしいですね。今回はいくつかご紹介します。

頭のツボ

まずは頭にあるツボから。ちょうど頭のてっぺんあたり、正確には両耳と鼻から頭に沿って上に延ばした線が交差する場所に「百会(ひゃくえ)」と呼ばれるツボがあります。

このツボは全身の血の巡りをよくする効果があると言われていて、指の腹でゆっくり下に押して刺激することで、眠気の解消に繋がるそうです。

百会は自律神経を整える効果もあるそうなので、何だか落ち着かないとき、イライラしているときなどにも押してみると気持ちがスッと楽になるかもしれません。

顔のツボ

続いては顔にあるツボです。顔にはいくつかのツボがありますが、眠気に効果があるのは「睛明(せいめい)」というツボです。これは鼻の付け根の両脇、目頭の内側の先端あたりにあります。

目薬などのCMで、疲れた目を労るように、親指と人差し指でこのあたりを押さえているシーンを見ることがありませんか。あの要領で睛明を刺激すると、目のまわりのコリがとれ、眠気を解消してくれるそうです。

この方法ならば仕事や勉強の合間にツボを押すことができます。

首のツボ

最後に紹介するのは首のツボ「風池(ふうち)」です。首の後ろの両サイド、髪の生え際あたりが少しへこんでいませんか。このあたりが風池です。

このツボを親指で押し上げるように刺激すると、血流がよくなって眠気が覚めるだけでなく、頭痛や肩こりの解消にも効果的と言われています。

肩こりがひどいと思ったら、風池をグイグイと押し上げましょう!

ツボを押すと眠気が解消する理由

なぜ、私たちはツボを押すと眠気が覚めることがあるのでしょうか? 「眠気さえ覚めれば理由なんてどうでもいい」という人もいるかもしれませんが、いろいろと応用がきく話なので、ぜひ最後までお付き合いください。

私たちが眠気を感じているときは交感神経と副交感神経という2つの自律神経のうち、リラックス系の副交感神経が優位に働いていると言われています。

その状態を変えるためには、活発系の動きを司る交換神経を刺激しなければなりません。つまり、今回、紹介したツボはどれも交感神経を刺激する場所ということです。

他にも、眠気を解消するツボはいくつかあるので、また別の記事で紹介します。全てのツボの場所を正確に把握して、嫌な眠気とはおさらばしましょう!

photo by pixabay

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂