食後の眠気をもたらす炭水化物 carb comaの実態に迫る

Food 2016年05月06日(金)

食後の眠気をもたらす炭水化物 carb comaの実態に迫る

パスタ

ランチタイム後はいつもパソコンの前で、眠気と戦っている……。そんな声も聞こえるほど、食後の眠気はビジネスマンにとって大敵です。どうしたら眠くならずに仕事ができるかと悩んでいる人は少なくないでしょう。そこで今回は食後の眠気の原因とその対策に迫ります!

食後の眠気による失敗談

抗うことができないほど強烈な食後の眠気に襲われた経験は誰でも一度はあると思います。顔を洗ったり、立ち上がってストレッチをしたり、ガムを噛んだりと、さまざまな努力をしてうまく対処している人がいる一方で、眠気に負けてしまう人もいます。

その結果、やらかしてしまった失敗談はいろいろあるようなので、いくつかあげてみましょう。

・1時からはじまった大事な会議で議事録をとる係だったが、最初の5分以降の記録と記憶が一切なくて、上司に怒られました……。

・商談へ向かうために乗っていた電車。気づいたら寝てしまったらしく、ハッと目を覚ますと全く知らない駅に……。契約が取れなかったことは言うまでもありません。

ほかにもたくさんありますが、食後の眠気はビジネスマンにとって“永遠の悩み”といっても過言ではないのかもしれません。

なぜ起こる?食後の眠気

ここで気になるのが、「なぜ、食後に眠くなるのか?」ということですよね。食べ過ぎたから? 食後は胃袋にしか血が回らないから? ネットにはさまざまな理由があがっていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

carb comaってなに?

みなさんは「carb coma」という言葉を聞いたことがありますか?

これは炭水化物による眠気という意味の英語で、炭水化物を摂取したあとには眠気が誘発されると言われています。

そもそも炭水化物とは何なのでしょうか?

一般的に、でんぷん、糖類、食物繊維を含んだものを指すようです。でんぷんはグルコース分子だけが結合したもので、米やパンに含まれる成分です。糖類はブドウ糖や果糖などを指し、食物繊維は野菜に多く含まれているものです。

炭水化物が食後の眠気の原因?

これらの炭水化物を摂取すると、体内ではエネルギーが生まれると同時に、血糖値の急上昇が起こります。これによって、眠気が誘発されることがあるそうです。

これは誰にでも起こる生理現象のようなもので、食後に眠気が起こるのは普通のことなのです。ただ、あまりにも眠気が強烈で、どうやっても我慢できない、事故につながる恐れがあると自己判断した場合は、早めに医師に相談するようにしましょう。

脂肪、タンパク質、食物繊維も一緒にとるといい?

米やパン、フルーツなど、炭水化物が含まれているものが大好きで、会社でのささやかな楽しみであるランチには欠かしたくないという人もいると思います。

そんな方におすすめの眠気防止法は、脂肪、タンパク質、食物繊維も一緒に摂取すること。炭水化物と脂肪、タンパク質、食物繊維を同時に摂ることで、炭水化物の消化がゆっくり進行するようになり、血糖値の急上昇を防ぎます。これによって、眠気が起こりにくくなるそうです。

会社で食後の眠気に負けてしまい、失敗続きで上司にもう怒られたくない!という人は、一度この方法を試してみてくださいね。

そもそも睡眠不足ではありませんか?

食後の眠気が慢性的に起こる人の多くが、そもそも睡眠時間が足りない、寝不足の状態だったということもあるそうです。まずは生活習慣自体を見直してみるとよいかもしれませんね。

食後の眠気の対策として有効なことは、ほかにもいくつかあると言われています。たとえば、平日の会社でのランチでは食事の量をいつもよりも少し減らしてみること。満腹になりすぎると苦しいし、眠気も誘発されやすいので、これは簡単にできるオススメの方法です。

また、ランチ後にすぐ会社に戻らず、ちょっと周辺を散歩してみるのもよいのだとか。歩いている間に眠気が和らぎ、ストレス発散効果もあるので、一石二鳥の対策ですね。ずっとオフィスにこもっていると、気持ちも鬱々としてくるので、こうした工夫は積極的に取り入れていきたいものですね。

いかがでしたか? 食後の眠気をじょうずに解消して、午後の仕事もスムーズにこなせるようになるといいですね。

photo by TEST-COURSE

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂