睡眠の質を高めるポイントは「頭部」にあった!?

Lifestyle 2016年04月12日(火)

睡眠の質を高めるポイントは「頭部」にあった!?

銅像の頭

ぐっすり眠れたなと気持ちよく起きられる朝があれば、寝た気がせず疲労感を覚えながら起きる朝もありますよね。できることならば、毎日気持ちよく目覚めたいもの。そのためには何を心掛ければよいのでしょうか? 今回は睡眠の質に焦点を絞り、気持よく目覚める方法を探ってみました。

睡眠は時間よりも質が重要?

睡眠の良し悪しについて語るとき、私たちはどうしても「睡眠時間」に重きを置いてしまいがちです。でも、時間と同じぐらい、いえ、もしかしたら時間よりも「質」のほうが重要なのかもしれません。

それはいったいどういうことなのか、具体的にみていきましょう。たとえば、毎日7時間の睡眠をとっている人がいるとします。これを睡眠時間は十分に足りているので問題ないと思うのは間違いです。

睡眠には深い睡眠のノンレム睡眠と浅い睡眠のレム睡眠があり、睡眠中にこのふたつが交互に繰り返されます。睡眠の質を判断するときは、このサイクルが正しく行われているかが重要な材料になります。

つまり、浅い睡眠だけで深い睡眠がとれていないと、仮に7時間眠ったとしても、「寝た気がしない」となってしまうわけです。

睡眠の質を高める3つのポイント

誰でも朝起きたときに、「あぁ、よく寝た」とすっきり目覚めたいものです。そこで今回は、質の高い睡眠を得るためのポイントを3点紹介します!

就寝前に頭部マッサージ

ある実験で、お風呂で頭部マッサージを行ってから就寝した人たちは、深い睡眠を得る傾向にあることがわかったそうです。

さらに、起床時にはリラックス系のホルモンが通常よりも1割以上多く分泌されていて、気持ちよく目覚めることができたのだとか。湯船に使って、頭部をプッシュするだけなので簡単にできる方法です。

睡眠の質は「寝室」で決まる?

みなさんの寝室は、言葉通り「寝るための部屋」になっていますか? というのも、睡眠不足の人の寝室は、ライトが明るすぎたり、インテリアに派手な色が使われていたりと、部屋自体が興奮する作用をもたらす空間になっていることが多いからです。

きちんと寝るための部屋になるよう変更しましょう。ホテルのようにライトは薄暗いものにして、色調はベージュなど、リラックスする仕様に変えるだけで、気持ちよく眠ることができると言われています。

生活習慣を見直す

最後に、生活習慣を改善しましょう。運動をまったしない、食事は適当、長時間昼寝もする――このような状態では夜に熟睡できるわけがありません。

まずは適度な運動を心掛けましょう。ランニングをするのは難しくても、エスカレーターを使わずに階段をのぼる、ネットショップを使わずに買い物に行くなど、工夫次第で日常生活に運動を取り入れることができます。

食事は三食しっかりとって、昼寝は15~30分程度におさえたほうが夜眠れなくならないので安心です。このように生活習慣を整えるだけでも、睡眠の質は変わります。

睡眠改善で抜け毛予防に?

最後に睡眠の質を改善した場合のメリットをお伝えします。

実は、睡眠の質がアップすると、抜け毛が減ると言われているのです。なぜなら、髪の毛は睡眠中に育つと考えられているから。私たちの睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、細胞の成長や修復など、新陳代謝が行われています。

単純な論理ですが、睡眠を疎かにすると、このホルモンの分泌量が少なくなり、抜け毛が増えてしまうというわけです。男性のみなさん、抜け毛が多かった時期は睡眠不足だったなど、心当たりはありませんか?

いつまでも若々しさをキープするためには睡眠をとること、睡眠の質をアップさせることが不可欠であることを覚えておきましょう。

photo by Hans

 

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂