え、まだ音で起きてるの? 最新おすすめ目覚まし時計は光タイプ

Goods 2016年04月04日(月)

え、まだ音で起きてるの? 最新おすすめ目覚まし時計は光タイプ

目覚まし時計

自分に合った目覚まし時計を探すのは骨が折れますよね。音が気に入らない、カチカチ音が耳につく、なんだかわからないけどイライラするなど、目覚まし時計は持ち主の不条理な怒りを買いやすいもの。そこで今回は、従来の音が鳴るタイプの目覚まし時計ではなく、光で目覚めるタイプを紹介したいと思います。

朝に光を浴びる意味

人は朝に太陽光を浴びることで体内時計がリセットされると言われています。具体的なメカニズムは、太陽光を浴びると睡眠ホルモンと呼ばれる眠気を誘うメラトニンの分泌が止まり、「活動スタート」の合図が出るというもの。

そのため、朝起きたらまずはカーテンを開けるのが大切です。とはいえ、日当たりが悪いからそもそも朝日が入ってこないという方もいるでしょう。たしかに、都心に人口が集中している現代では、窓の外がすぐ隣のマンションなんていうことも少なくありません。

でも、安心してください。太陽光ではない人工の照明でも同様の効果が期待できると言われているのです。現在では、この効果を最大限活用するために、音ではなく「光を使う目覚まし」が出てきているんです。

おすすめの目覚まし時計は?

「光で起きることができるの?」と疑問に思う方もいますよね。そこで光タイプの目覚ましがどのようなものなのか検証してみたいと思います!

今回ご紹介するのは光タイプの目覚まし時計では有名な「Inti」というもの。

光が寝ている自分の顔に当たるようにセッティングするだけの単純なものです。実際に使用した人によると「突然音が鳴るような不快感がなく、自然に起きることができた」「起床時のストレスを感じなくなった」と高評価が多いです。

Intiが採用している2,500ルクス以上の光が、目に当たるとセロトニンという覚醒作用のある物質が分泌されるので、心地よく起きることができるのだそうです。

光タイプの目覚まし時計は他にもいろいろな種類が出ています。気になる方は自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

就寝前のライトに要注意!

現在は電子機器がまわりにたくさんあるので、私たちは四六時中、ライトを浴びている状態です。冒頭にも書いた通り、光には脳を覚醒させる効果があるので、現代人は人工照明がなかった昔の人よりも日中の覚醒状態が長いのかもしれません。

とはいえ、夜眠る前ぐらいは光を発するものから離れるようにしましょう。特にスマホやパソコンが発するブルーライトには強い覚醒効果があると言われています。

ベッドに入ってもスマホをいじっていると、眠れなくなってしまいます。実際に、そのような体験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

ぐっすり眠って、朝にすっきり目覚めるためには「夜は光から離れて、朝に光を浴びる」ということを徹底しましょう。逆の生活になっている人もいると思うので、ぜひ見直してみてくださいね。

photo by pixabay

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂