健康に直結する睡眠時間。アメリカは暮らす地域によって差が!?

Health & Beauty 2016年03月23日(水)

健康に直結する睡眠時間。アメリカは暮らす地域によって差が!?

ハンバーガー

睡眠時間は健康と深く関係していると言われています。「昨日、3時間しか寝ていなくて……」などと、日本では“寝ていないアピール”をする傾向がありますが、それはもしかしたら“私は病気に近づいている”と言っていることと同じなのかもしれません。

国土面積ランキング、日本の順位は?

私たちが住んでいる日本の面積をご存知ですか? 正解は約38万平方キロメートル。これだけ聞いても、いまいちどのくらいの大きさなのかよくわかりませんよね。

そこで世界各国と比べてみましょう。世界一の国土面積を誇るのはロシア。その面積はなんと日本の約45倍。約1,710万平方キロメートルもあります。そして2番めがカナダで日本の約26倍の約998万平方キロメートル、3番めのアメリカは日本の約25倍の約963万平方キロメートルとあります。

ちなみに、日本は世界の国土面積ランキングでは61番目なのだそう。世界には大きな国がたくさんあるのです。

アメリカで最も眠らない州は?

国土面積が大きい国は、同じ国内でも地域によって人々の暮らしにさまざまな違いが生まれます。そのひとつが睡眠時間。日本の約25倍の面積を誇るアメリカは、50の州と連邦区で構成されていますが、睡眠時間が短いのはどこだと思いますか?

正解はジョージア州。ジョージアと聞いてコカ・コーラ社のコーヒーを思い浮かべる人もいるでしょう。そう、ジョージア州はコカ・コーラの本社がある場所です。ほかにもCNNやデルタ航空の本社があり、アメリカ南部の経済の中心地でもあります。ビジネスマンが多いということもあり、睡眠時間は少ないのかもしれません。

睡眠は健康とも直結していて、5時間未満の睡眠は病気のリスクを高めると言われているので、今後は各州の睡眠時間と病気に関するデータも出てくるかもしれません。

日本とアメリカに共通点?

一方、アメリカで睡眠時間が長い州はニューハンプシャー州、アイダホ州、バーモント州、モンタナ州、オレゴン州などで、山岳地帯や農業地帯が上位を占めるという結果だったそうです。

日本国内の調査では秋田県や青森県、高知県などで、こちらも東京都や大阪府などの大都市が入っていないところを見ると、国は違えど、地域と住んでいる人たちの共通点が見えてくるような気がしませんか。

現在、日本では「地方移住」がひとつのブームになりつつありますが、ゆったりした暮らし、たっぷり眠って健康的な生活を送ろうとしている人が増えている証拠なのかもしれません。

みなさんも一度、睡眠時間を見直してみてはいかがでしょうか。

photo by acworks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂