檜(ヒノキ)の枕=安眠枕? 普通の枕と何が違うのか?

Goods 2016年03月16日(水)

檜(ヒノキ)の枕=安眠枕? 普通の枕と何が違うのか?

breakfast-923928_640

普段使っている枕じゃないと眠れないから、出張のときも枕を持っていくという方がいるほど、安眠と枕は切っても切れない関係にあります。今回は、ちょっと珍しい檜の枕と、フィットしていない枕が出すサインについて紹介します。

枕を複数個持つ時代

みなさんは枕をいくつ持っていますか? 「え、そんなの1個に決まってるじゃん」と思った方は、まわりの人に聞いてみてください。現在、2個、3個と複数の枕を使って眠る方が増えているそうです。

その理由は、枕が睡眠の質を大きく左右するから。旅行先や出張先のホテルの枕が合わずに眠れなかった経験がある方も多いと思います。

これは1日または数日間我慢すればいいだけですが、日頃使っている枕が“じつは合っていなかった”としたらどうでしょうか? 慢性的に睡眠不足に陥っている可能性もあるのではないでしょうか。

実際に、枕を替えてみたら、急激に睡眠の質が変わったという人がいるのです。

檜の枕は安眠枕?

最近はさまざまなタイプの枕が売られていますが、珍しいものでは檜の木材を削って細かくしたものを中に入れた枕があるそうです。これが非常に安眠できるとの噂を聞きました。

価格は数千円するのですが、枕からは檜の良い香りがするうえ、中の木材は角を丸く削っているので適度なフィット感もあるのだそうです。どんなものか一度使ってみたくなりませんか。

ただ、枕は中に使われる素材もさることながら、「高さ」が何よりも重要と言われているので、これから枕選びをする方はこの点をよく覚えておいてください。

高さが5ミリ違うだけで、寝心地がまった違うそうです。

合わない枕はサインを出す

「今の枕が“安眠枕”なのかわからない」という方は、朝起きたときに次の点をチェックしてみてください。当てはまるものがあったら、「合っていない」のかもしれません。

・枕の中央部分だけへこんでいる。

・枕の下に手を入れていた。

・枕を使っていなかった。

・枕の中央からずれていた。

これらが合っていない枕のサインと言われています。ジャストフィットしている枕であれば、頭がずれたりせずに、ちゃんと中央部分を使って眠っているはずです。

起床時にずれているのは、フィットする場所を求めて、何度も寝返りをうった証拠なのだとか。肩こりがある、頭痛がする、というのもサインのようなので、チェックしてみてください。

photo by pixabay

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂