最新情報! アメリカ人の3割も実は睡眠不足だった!?

Lifestyle 2016年03月15日(火)

最新情報! アメリカ人の3割も実は睡眠不足だった!?

ホワイトボードに向かう女性

日本人は世界的に見て睡眠不足といわれています。でも、これは日本に限ったことではなく、ほかにも睡眠不足が問題になっている国はあります。その原因のひとつは文明の発達なのだとか。私たちはどのように健康的な生活を守ればよいのでしょうか?

実行すべき7つの適切な健康習慣とは

「7つの適切な健康習慣」というものを知っていますか。以下の7つを実行している80歳の人の健康は、1つも実行していない20歳の健康と同じ度合いなのだそうです。

(1)適正な睡眠時間(7~8時間)をとる
(2)喫煙をしない
(3)適正体重を維持する
(4)過度の飲酒をしない
(5)定期的に運動をする
(6)朝食を毎日食べる
(7)間食をしない

みなさんはいくつ実行していますか? 数が少ない方、また1つも実行していない方は、今からでも遅くありません。適切な健康習慣を少しずつ増やしていくことで、何歳になっても健康な体を手に入れましょう。

アメリカでは3人に1人が睡眠不足

「7つの適切な健康習慣」のなかでも(1)の適切な睡眠時間がとれていないという方は多いのではないでしょうか。日本人は女性が世界一、男性が世界で2番目に平均睡眠時間が短いといわれています。

日本だけでなく、最近ではアメリカでも睡眠不足が問題になっていて、今年2月に発表された米疾病対策センターの調査結果によると、アメリカ人の3人に1人以上が睡眠不足の状態にあるそうです。

その原因としては、日本でも同じことがいわれていますが、スマホやパソコン、テレビに依存していることが挙げられているのだとか。便利さ、快楽と引き換えに、私たちはこれまでの健康的なライフスタイルを失っているのかもしれませんね。

寝室をキレイにすればよく眠れる?

スマホやパソコンの利用を制限すること以外に、睡眠不足を解消するための方法を紹介します。誰でも簡単にできる方法は、「寝室をキレイにすること」です。

「そんなことで睡眠不足が解消するの?」と思いますよね。これにはちゃんと理由があるんです。部屋が汚いと無意識のうちに圧迫感を覚えて、呼吸が浅くなり、睡眠の質が低くなるといわれています。

逆にいえば、寝室をキレイに保つだけで、質の高い睡眠を得られる可能性があるということ。こんな簡単なことで健康的な生活が送れるんだったら、やらない手はありませんよね。

睡眠不足で悩んでいる方は、まずは「できること」から1つずつ始めてみることをおすすめします。

photo by acworks

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂