アロマ効果!? 「木」に安眠をもたらす効果があるって本当?

Goods 2016年03月09日(水)

アロマ効果!? 「木」に安眠をもたらす効果があるって本当?

森林

一度は大きなログハウスに住んでみたいと思いますよね。ロッジ風の家で、暖炉で暖まりながらお酒を飲むなんて最高に気分がよいでしょうね。今回紹介するのは、木でできた家が睡眠にいい影響をもたらすというお話です。

アロマで質のいい睡眠を!

寝る前に好きな香りのアロマをたく人も多いのではないでしょうか。アロマには正しく利用することで、寝つきがよくなる、睡眠の質が上がるといった効果が期待できます。

ここで「正しく利用」と書いたのにはわけがあります。それは、アロマと一言で行っても“鎮静作用”のあるものと、“覚醒作用”のあるものがあるからです。

鎮静作用のあるアロマをたけばいい眠りに誘われる可能性があります。ラベンダーや沈香、サンダルウッドなどがその代表格でしょう。

一方で、覚醒作用のあるアロマを焚くと目が覚めてしまうので注意が必要です。ジャスミンやシナモンなどがそれに当たるので、就寝前の使用は控えたほうがよいでしょう。

“木”が安眠へ導く?

アロマではありませんが、木でできた家に住むと睡眠の質が高まるという説もあります。特に、天然乾燥の無垢材(合板や集成材ではなく、切り出したもの)はその効果が高いのだとか。

無垢材は室内の湿度を調整する作用が高く、さらに良質な木の香りが空間を満たすので、睡眠によい影響を及ぼすのではないかと考えられています。

最近は、都心から地方へ移住する人たちが増えているようですが、そのときに“木の家”を住まいの候補に入れてみると、グッスリ快眠生活を手に入れられるかもしれませんね。

ただ、天然乾燥の無垢材は他の木材と比べると高価なので、財布と相談が必要になると思いますが…。

アロマバスも効果あり?

アロマをたいているけどどうも眠れないという方は、「アロマバス」を試してみるとよいかも。これは室内でアロマをたくのではなく、お風呂のお湯にエッセンシャルオイルを入れるというもの。

方法は簡単。お風呂にお湯をためて、エッセンシャルオイルを適量たらして入るだけ。量は調整が必要ですが、3~4滴で十分でしょう。入れすぎると肌に刺激になることもあるので注意しましょう。

このときに使うオイルは、当然ながら“鎮静作用”のあるものを選びます。どれが自分の好みに合うか、よく眠れるかなど、チェックしながら最適なものを探してみることをおすすめします。

photo by acworks

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂