「3つのP」を知ってますか? 不眠症を悪化させるキーワード

Medical 2016年02月09日(火)

「3つのP」を知ってますか? 不眠症を悪化させるキーワード

駐車場

不眠大国と言われる日本では、5人に1人が睡眠に悩みを抱えているとも言われています。眠れなくて困っている方がまずやるべきことは原因を把握することだそう。そこで今回は、不眠と密接な関係のある「3つのP」のお話です。

不眠症の原因は?

不眠症の原因を探っていくと、3つのキーワードが出てくるそうです。その頭文字がいずれもPのため、「3つのP」と呼ばれているのだとか。その3つとは、①素因(Predisposing factor)、②増悪因子(Precipitating factor)、③遷延因子(Perpetuating factor)です。

それぞれ簡単に説明すると、①はストレスや加齢など、②は病気や薬による副作用など、③は不眠を悪化させる生活・睡眠習慣などを指します。

不眠で悩んでいる方は、ご自分の不眠の原因を把握していますか? 不眠が長引くと、睡眠薬などがききにくくなり、症状が悪化することがあると言われています。

まずは原因と対策を知ること。そのためにも一度、専門医に相談をしてみるとよいかもしれませんよ。

生活習慣を見直そう

不眠症は長引いて重症化してしまう前の「最初の対策」が肝心と言われています。そこで今回は、上記の③遷延因子(不眠を悪化させる生活・睡眠習慣)に注目し、具体策を見ていきましょう。

まずは就寝時間と起床時間の見直しです。みなさんは、いつも何時に寝て、何時に起きていますか? できれば、1週間毎日「睡眠記録」をつけてみましょう。

なんとなくではなく、数字でデータ化し、客観的に生活を見直すことがポイントです。もしも、就寝・起床時間が不規則だったら、一定にするように努力しましょう。

睡眠リズムを整えるだけでぐっすり眠れるようになる人もいるそうです。まずはできることからやってみるのが大切です。

瞑想も効果的

誰もが忙しい現代社会では、オンとオフの切り替えがうまくできず、日中の興奮状態を引きずってしまうことで不眠になるというケースもあるようです。

そこで「瞑想タイム」をとる方法をおすすめします。方法はいくつかありますが、難しいことはありません。まずはあぐらをかく、仰向けに寝るなど、リラックスできる体勢をとりましょう。次に、腹式呼吸をします。浅い呼吸ではなく、深く吸って吐く動作を心掛け、肩の力を抜いていきます。

たったこれだけのことですが、毎日繰り返すことでオフに切り替えができるようになり、すんなりと眠れるようになると言われています。ぜひ今夜からやってみてください。

photo by HebiFot

 

 

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前にお茶やコーヒー、タバコなどをとるのはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂