睡眠の質をアップする食事って?「朝昼晩」のおすすめメニュー

Food 2016年02月08日(月)

睡眠の質をアップする食事って?「朝昼晩」のおすすめメニュー

食事

みなさんは食事に気を使っていますか? ただ、お腹がいっぱいになればいいなんて考えている人は要注意です! 実は、食事の内容そのものが睡眠の質に大きく影響していると言われています。では、1日3食、どのようなものを食べるとよいのでしょうか?

睡眠に密接に関係する食事――理想の3食は?

今回は睡眠の質を上げるための食事メニューを紹介します。それも1日3食、朝食・昼食・夕食で、それぞれ何を食べるとよいのかというところを探っていきます。

まずは朝食。寝起きには消化がよく、糖質を含んでいるものがよいそうです。朝に糖質を摂取することで、エネルギーが湧き、日中も精力的に活動できると言われています。

日本の古き良き朝食の定番であるごはんと納豆は、まさにうってつけのメニュー。他にも、バナナなどのフルーツも消化がよく、糖質を含んでいるため、朝食に向いているそうです。

朝食を食べない方が増えていると言われていますが、朝きちんと食べないと日中に活動不足になり、夜の睡眠にも悪影響をもたらすと言われているのでご注意を!

ビジネスマンの楽しみ、ランチはどうする?

昼食で注意したいのは、朝食とは逆に糖質をとりすぎないこと。その理由は、糖質をとると血糖値が上昇して、眠気を誘発するからです。午後の仕事中に眠気に襲われた経験のある人も多いでしょう。

ただ、糖質を含むごはんや麺類を昼に食べられないのは辛いという方もいると思うので、そんな人におすすめの方法を紹介します。それは野菜をはじめに食べること。そうすることで、血糖値の上昇が緩やかになると言われています。

それでも眠くなってしまう方には短時間の昼寝がおすすめ。でも、15~30分を目安にして、長く寝すぎないようにしてください。長時間の昼寝は不眠に繋がることがあります。

夕食ではトリプトファンを!

1日の締めの夕食は何を食べるとグッスリ眠れるのでしょうか。おすすめの食材は睡眠ホルモンのメラトニンをつくる物質であるトリプトファンを多く含む食材をとることです。

トリプトファンは、大豆やカツオなどに含まれていると言われています。ただ、これらも毎日食べていては飽きてしまうと思うので、そんなときはドリンクで補う方法もおすすめ。

トリプトファンを多く含む豆乳を飲むのがいいそうです。また、青汁の原料であるケールはメラトニンを含んでいるので、青汁も睡眠の質をアップさせる飲み物と言われています。

さぁ、みなさんも今日から1日3食の食事を見直し、睡眠の質をアップさせる方法を取り入れることで、健康的な生活を送りましょう!

photo by Have a nice day !

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂