顔が変わる!? 肌だけでなく表情まで豊かになる睡眠パワー

Health & Beauty 2016年01月18日(月)

顔が変わる!? 肌だけでなく表情まで豊かになる睡眠パワー

笑う女性

高い化粧水や乳液を使っているのに、いっこうにお肌がよくならないという方は睡眠に問題があるのかもしれません。それだけ睡眠は顔に与える影響が大きいと言われています。今回は、過去に行われた実験などから睡眠がお肌に与える影響力を探ります。

睡眠が顔に与える影響

海外で行われた実験に「睡眠不足が人の顔にどのような影響を与えるか」というものがあります。この実験では、8時間寝た後と徹夜明けでは、他者の目に映る姿にどのような違いが現れるかを調査しました。

その結果、徹夜明けのほうがまぶたが下がって見えた、目の下のクマの黒ずみがひどくなっていたなどという感想があげられたそうです。立ち会った研究者によると、このほかにも、ほうれい線が下がる、しわが深くなるなどの可能性を示したと言われています。

睡眠が私たちの顔に大きな影響を与えていることがよくわかりますね。さらに、これらの結果はどれも疲れや老けを感じさせる要素でもあるので、アンチエイジングを目指している人は特にしっかり睡眠をとるように心がけたいところです。

肌と睡眠の関係

睡眠には顔を変える力があるといっても過言ではないかもしれません。みなさんもたっぷり寝て起きた朝に「顔の調子がいいな」と思ったことはありませんか?

具体的に睡眠が顔に与える影響は、肌と表情のふたつに表れると言われています。それぞれ、どのような影響があるのか見ていきましょう。

まずは肌。「お肌のゴールデンタイム」という言葉があるように、肌は寝ている間に分泌される成長ホルモンによって修復されると言われています。

睡眠不足の状態になると肌がカサついてしまうのは、日中に肌が受けたダメージを夜間に修復できていないからというわけです。

目指せ、表情美人!

そして、次は表情についてです。睡眠が表情に悪影響を与える理由は血流。睡眠をしっかりとると、交感神経をしっかり休めることができ、血流がよくなると言われています。

血流がよくなれば、肌に自然な血色が生まれ、良い表情になるのだとか。確かに、青白い顔をしている人よりも血色のよさそうな顔をしている人のほうが良い表情に見えますよね。

みなさんの今日の顔色はいかがでしたか? 青白かったり、くすんだりしている人は睡眠が足りないのかもしれません。

第一印象というのは私たちが考えている以上に他人に対して強い影響を与えるものです。今夜からたっぷり寝て、肌&表情美人を目指しましょう!

photo by Mike Monaghan

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂