近日中に発売!? ぬいぐるみ型の睡眠グッズ「ふわモコ」とは?

Goods 2015年12月08日(火)

近日中に発売!? ぬいぐるみ型の睡眠グッズ「ふわモコ」とは?

研究者

睡眠に関する悩みがネット上に氾濫し、それに対する回答も玉石混交状態となっている現在、正しい睡眠の知識を得ることは情報量が増加するほど、難しいことになっているのかもしれません。今回は、専門家による睡眠関連の新プロジェクトを紹介します。

睡眠グッズ「ふわモコ」とは?

ITを通して、医療やヘルスケア分野の新たなビジネスモデルの創出、イノベーションの誘発を目指す「デジタルヘルスコネクト」というプログラムがあります。

その成果発表会が今年11月に行われ、その内容に「睡眠に関するものがふたつある」と聞いたので、どのようなプロジェクトなのか調べてみました。

そのひとつを担当したのは「チームふわモコ」の方々。医師や製薬業界、IT業界のメンバーによって構成されたチームふわモコが発表したのは「ふわモコ」というぬいぐるみ型の睡眠グッズです。

睡眠の状態を感知するセンサーを内蔵しているとのことですが、どのように使うのでしょうか?

具体的なアドバイスを提供するシステムも検討中

「ふわモコ」を抱いて寝たり、枕元に置いておくだけで睡眠状態を記録し、そのデータを元に個人の生活習慣に合ったアドバイスをくれるのだそう。

現時点ではプロトタイプ(試作品)とのことですが、「おはよう、よく眠れた?」「寝るにはまだ早いよ」など、かわいい犬のぬいぐるみ音声で誘導してくれるという仕組みになっています。

さらに、睡眠データはクラウドに集積され、それを分析したうえ、ふわモコを通じ、利用者に具体的なアドバイスをフィードバックするシステムも検討中とのこと。

決まった定型文だけでなく、専門家などが自分の睡眠状況を見て、具体的なアドバイスをくれたらうれしいですよね。発売される日が待ち遠しい限りです。

最優秀賞は「睡眠改善アプリ」

もうひとつのプロジェクトは、今回、成果発表した6チームのなかで最優秀賞を受賞した「チームsleepeer」による「日本、本気で睡眠を改善させるサービス」。

現役の睡眠カウンセラーによる認知行動療法を元にした睡眠改善アプリで、6週間かけて正しい睡眠の知識を学んでいく仕組みになっています。

動画による学習や睡眠カウンセラーによるマンツーマンのケアサポートも組み込む予定とのこと。日本は不眠大国と言われ、3人に1人が睡眠に悩みを抱えていると言われているので、専門家のケアを受けられるこのアプリはヒットするかもしれませんね。

今後、ローンチされる日など新情報があれば、また報告します!

photo by pixabay

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

昼寝はなぜ20分程度がよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂