トロ~リほくほく「タラコたっぷりベイクドポテト」の作り方☆ビタミンB1たっぷり【ネムジム食堂 夜ごはん】

Topics 2015年09月17日(木)

トロ~リほくほく「タラコたっぷりベイクドポテト」の作り方☆ビタミンB1たっぷり【ネムジム食堂 夜ごはん】

タラコたっぷりベイクドポテト

担当、薬剤師で料理研究家のヨシダです。毎回ひとつずつ、体内時計を整え、快眠につながる栄養素を紹介しながら、手軽でおいしいレシピをお届けいたします。今回は、私たちのからだに大切な補酵素「ナイアシン」のお話です。

「ナイアシン」が不足すると・・・

私たちのからだは、たくさんの細胞で出来ています。補酵素「ナイアシン」はその多くの細胞で必要とされている物質です。補酵素とは、文字通り酵素を助ける役割を担っています。

私たちの体内で働くの酵素は400以上もあり、その約20%は、「ナイアシン」の助けを借りて働いているそうです。この「ナイアシン」は糖や脂質をエネルギーに変換する時、つまりエネルギーを作り出す時に必要な物質であるといわれています。

また、「ナイアシン」が不足すると、口角炎などの皮膚や粘膜に症状が出たり、食欲不振などの消化管系に影響を及ぼします。睡眠に影響しそうな症状では、不安感や倦怠感などが出ることもあるそう。しっかり摂っていきたい補酵素のひとつですね。

「ナイアシン」を多く含む、たらこを使ったレシピをご紹介

「ナイアシン」が多く含まれている食品は、かつお、まぐろ、たらこ、レバー、キノコ類など。主菜になりそうな食品が多いですが、今回はタラコを使った副菜メニュー「タラコたっぷりベイクドポテト」をご紹介したいと思います。

「タラコたっぷりベイクドポテト」
≪材料≫(2人分)
・じゃがいも 2個
・塩 胡椒 少々
・マヨネーズ 大さじ2
・タラコ 1腹
・シュレッドチーズ(溶けるタイプ) 25g
・パセリみじん切り 適量

≪作り方≫
1. タラコは皮から外し、小さじ1分別皿に取り分けておきます。
2. ジャガイモはよく洗い、皮付きのままラップに包み、電子レンジ600Wで2分加熱します。裏返して2分加熱し、ラップに包んだまま粗熱が取れるまで蒸らします。
3. ジャガイモに楊枝などを差し、火が通っていることを確認し、半分に割って、中身をくり抜きます。中身は具に、外側は器に使うので、皮から5㎜~1㎝残し、丁寧にくり抜きます。
4. くり抜いた中身に、タラコ、マヨネーズ、塩、胡椒をよく混ぜ合わせ、ジャガイモの器に4等分に分けて盛ります。
5. 4の上に、チーズ、タラコ、パセリをのせ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼いたら出来上がり。

今回のレシピで使った「タラコ」には、前回お話した疲労回復に効果があるビタミンB1が多く含まれています。そして作り方も、ガスを使わず包丁を使うのも1ケ所ととても簡単!料理の苦手な方も、お子様もチャレンジしやすいレシピになっています。お試しくださいね。

ヨシダさん
夜ごはん担当:ヨシダさん

「ネムジム食堂夜ごはん担当のヨシダです。よろしくお願いします。ネムジム食堂夜ごはんは、体内時計を整え、心地よい眠りを届けてくれるその名も「快眠夜ごはん」です。快眠夜ごはんを食べて、よく眠った翌日は頭も、肌も、気持ちもスッキリ。カラダもココロも若返ります。ヨシダがつくる快眠夜ごはん、よい眠りでよい明日をお迎えください!」

ヨシダさん(本名:吉田三和子)プロフィール:
薬剤師で料理研究家。『なごみごはん』という簡単家庭料理・パーティー料理の教室を開催。著書 「食べたいものを食べやすくデイサービスで人気の介護食83」講談社刊。食のコミュニティ「andparty」マイスター。

食コミュニティ「andparty」はこちら

『ネムジム食堂』とは

『食で眠りを鍛える!』をモットーに「今日を元気に過ごす朝ごはんレシピ」、「快眠を約束する夜ごはんレシピ」など、毎回様々な情報をご紹介していきます。

『ネムジム食堂』その他の記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂