<ドクターズインタビュー>「たかが睡眠」と侮るなかれ!不眠がもたらす様々な心身の不調

Interview 2015年09月07日(月)

<ドクターズインタビュー>「たかが睡眠」と侮るなかれ!不眠がもたらす様々な心身の不調

不眠がもたらす様々な心身の不調

毎日、きちんと眠れていますか? 「たかが睡眠不足」と甘くみてはいけません。現在では、不眠がさまざまな疾患のリスクを高めることが明らかになっています。不眠がもたらす疾患やそのメカニズムについて、旭川医科大学教授・千葉 茂先生にお聞きしました。

不眠がもたらす疾患

――不眠がもたらす疾患には、どのようなものがありますか。

まず、うつ病を挙げることができます。約25,000人の成人を対象にした統計調査によると、最もうつ病発症リスクが低いのが睡眠時間7~8時間程度です。また、睡眠が短すぎる場合も逆に長すぎる場合もうつ病の発症リスクは高くなります。

高齢者では、寝つきが悪い、途中で何度でも目が覚める、朝方に目が覚めやすいなどの傾向がみられます。これはうつ病の睡眠パターンでもあり、注意が必要です。

ある地域の調査では、不眠を治療することによってうつ病の発症リスクが40分の1まで低下するというデータもあります。近年、不眠と認知症との間に密接な関連性があることも明らかになってきました。

――主に精神的な疾患を招くのでしょうか。

不眠は、身体疾患とも関わりが深く、肥満や高血圧などをもたらします。これにより心疾患や糖尿病などの生活習慣病の発症リスクが高まることが分かっています。

――なぜ不眠がこのように多岐にわたる疾患を招くのでしょうか。

生活習慣病、不眠、うつ病は互いに密接に関連しています。その理由として、人間の中にある2つのストレス反応系、すなわち、生体リズムに関連が深い「HPA系」(視床下部―下垂体―副腎系)と「交感神経系」の関与が推定されています。

健康な人間であれば、これらの系がお互いに連携しながら心身のバランスを保っています。しかし、もし慢性的不眠に陥ると、少なくとも2つの変化が起こると考えられています。

すなわち、1. HPA系が機能亢進してコルチゾールが増加し、ひいては海馬を萎縮させてうつ病発症リスクが上昇する、および、2. 交感神経系が機能亢進してアドレナリンとノルアドレナリンが増加し、血圧や血糖値を上げて生活習慣病の発症リスクを高める、という変化です。

このようなわけで、不眠は、うつ病でも生活習慣病でも高率にみられるわけです。一方、不眠を治療すれば、うつ病や生活習慣病の発症リスクを低下させることができます。

――不眠は多くの疾患を招く一方で、改善すれば多くの疾患から身を守ることができるのですね。

その通りです。上述したように、睡眠障害を治療することはうつ病や生活習慣病の予防にもなるわけです。

一見、他の疾患と見られる症状の原因が睡眠障害そのものであったというケースもあります。

睡眠障害によってどのような症状が出るのでしょうか

――睡眠障害によってどのような症状が出るのでしょうか。

睡眠不足が続くと、もの忘れをする、怒りっぽくなる、やる気が出ないなど、知・情・意すべての面に悪影響が出てきます。これは年齢に関係ありません。

切れやすいといわれる子どもの一部では、睡眠不足が切れやすさの原因になっていて、入院して睡眠を十分にとったら別人のように穏やかになったというケースもあります。

もう一つ、興味深いケースについて述べたいと思います。

ある高齢の患者さんが、認知症の疑いがあるということで入院されました。もの忘れが多く、集中力もないという状態でしたが、よくよく聞いてみると、日中にすぐに寝てしまうという症状もありました。

実は、その方は夜中に10回以上もトイレに行く夜間頻尿があったのです。そこで、泌尿器科で夜間頻尿の治療をしていただいた結果、夜間排尿は2回以下に回数が減少するとともに、認知症症状や日中の眠気もなくなりました。

結局、認知症と思われた症状の原因は、夜間頻尿による睡眠不足がもたらした日中の精神機能の低下だったんですね。高齢で中途覚醒に悩んでいる人は多くいらっしゃいますが、その中で頻尿は最大の原因と言えます。

――たかが睡眠、と思わずに、十分な睡眠がとれているか、きちんと考えることが重要ですね。

高齢者では睡眠障害の割合が高いのですが、生活習慣の改善で睡眠がよくなることが少なくないのです。不眠などの悩みを放置せず、睡眠衛生を保つよう心がけて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂