ワークライフバランスの改善で女性が一番ほしいのは睡眠だった!

Topics 2015年08月21日(金)

ワークライフバランスの改善で女性が一番ほしいのは睡眠だった!

photo by pixabay

働く女性は、家に帰っても家事や育児に追われたりして、なかなかゆっくりできないもの。あれもこれもとやるべきことが重なって、知らないうちに睡眠時間を削ってしまうことも。そんな女性たちのワークライフバランスを充実させるには、どうすればよいのでしょうか?

女性のワークライフバランスの充実に睡眠時間の確保は不可欠

株式会社ナガセ・ビューティケァが2013年に行ったアンケートによると、働く女性ができるだけ時間を割きたいと心がけていることは『睡眠』でありながら、時間を取りたくてもなかなか取れないものも『睡眠』だったという結果が出ています。

女性の社会進出が加速する日本では、このような女性たちは珍しくなくなってきています。ビジネスとプライベートの両立はいつだって難しいものですが、特に働く女性にとっては大変な時代になっているのかもしれません。それでは、どのように時間を管理すればワークライフバランスが改善できるのでしょうか?

なるべく時間をかけたくないことは短縮する

働く上で女性が極力時間をかけたくないと感じている対象は『通勤時間』『家事』『接待』だそう。この意見はここ数年変化がないようです。このなかで一番時間を削りやすい項目は、『家事』になるかもしれません。なぜなら、家事代行というサービスが登場しているからです。

家事代行とは、時間別に分かれたコースを選択し、自宅で家事を行ってもらうサービスのこと。今、働く女性の間で注目の集まっているサービスで、実際に定期的に利用している人も多いようです。

ほかにもスーパーの食材配達や不用品回収など、家事の手間を省けるようなサービスは多くあります。もちろん費用はかかってしまいますが、時間の節約を考えると、ひとつの選択肢として検討してみる価値は十分にあるでしょう。

睡眠不足を解消して健康な毎日を

産休や介護休暇、育児休暇など。働く女性を支援する制度がずいぶんと充実してきました。しかし、職場環境によっては、まだまだこれらの制度が使いにくかったり、必要な日数をきちんと確保できなかったりするのではないでしょうか。

とはいえ、自由時間を確保できずに睡眠時間を削ってしまうと、注意力や判断力が低下し、仕事はもちろん、プライベートにまで影響が及びます。ひどい場合は体調不良を起こしてしまう可能性もあります。

元気に働くためにも体は資本。状況が悪化する前に、一度、時間の節約を心がけてみてください。そして、睡眠不足を解消し充実したライフスタイルを目指しましょう。

photo by pixabay

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「休日の寝だめで睡眠不足を解消!」 これはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂