イライラや生理中の眠気。PMSは年齢で症状が異なることも

Health & Beauty 2015年08月06日(木)

イライラや生理中の眠気。PMSは年齢で症状が異なることも

beautiful-71493_640

なんだか奥さんがイライラしてるいなと思ったら、生理前だったなんてことはよくある話ですよね。男性にはわかりづらい、かつ体験することのない生理前のつらさ――だからこそ、しっかり知識だけでもつけておきましょう。

生理が眠気を引き起こす理由

PMS(Premenstrual Syndrome)とは「月経前症候群」のこと。恋人や奥さんが生理前にイライラしたり、気分が落ち込んだりすることがあったら、PMSに悩まされているかもしれません。

男性の方も「俺には関係ない話だぜ!」なんていわずに、パートナーのためにもまずはPMSを理解することからはじめてみましょう。

PMSを引き起こす原因は黄体ホルモン「プロゲステロン」と脳内物質「セロトニン」の2つ。

排卵から生理前に分泌されるプロゲステロンは体温を上昇させ、腸管の運動を低下させるという働きがあります。それによって、眠気を引き起こす、便秘になるといった症状が出ると考えられています。

PMSが出やすい女性、出にくい女性

排卵直後、エストロゲンと一緒に、セロトニンの分泌も低下します。セロトニンはいわば「幸せや喜びを感じる脳内物質」なので、これが減少すると、イライラしたり、気分が落ち込んだりすることにも繋がるというわけです。

実際には、PMSが出やすい女性、出にくい女性がいるそうで、一般的には強いストレスにさらされていると出やすくなるといわれています。

他にも、几帳面で真面目な性格の女性、ビタミンやミネラルが不足したバランスの悪い食生活を送っている女性もPMSに注意が必要だそうです。

年代によって症状は異なる

ある調査によると、年代によってPMSの症状が異なることそうです。それは次のようなものです。

40代 → 食欲増加、頭が重い

30代 → 攻撃的になる、アレルギー症状、むくみ

20代 → イライラ、頭痛、肩こり、乳房の張り

PMSが起こるのは生理前2週間の黄体期で、基礎体温が最も上昇している期間です。

この記事を読んだ男性は、今度から少し女性にやさしくなれるのではないでしょうか。パートナーや職場の同僚がイライラしていたら、辛い時期なのかなと気持ちを汲んであげることも必要かもしれせんね。

photo by pixabay

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ

関連記事

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂