ストレスと上手に付き合い、快適な睡眠を手に入れる!

Health & Beauty 2015年07月17日(金)

ストレスと上手に付き合い、快適な睡眠を手に入れる!

photo by pixabay

「ストレスがなくなったら、どんなに楽に生きられることだろう」なんて考えたことはありませんか? 現代人の生活にストレスはつきもの。多くの人が日々、悩まされています。誰しもが感じるこのストレスとどう付き合っていけばよいのでしょうか。

ストレスが先か睡眠不足が先か

睡眠にはストレスを軽減する効果があり、質のいい睡眠をとれば、日中にあった嫌なことを忘れて、スッキリとした気持ちで朝を迎えることができると言われています。でも、そもそもストレスが溜まっているせいで、なかなか寝付けない、なんて人もいますよね。

眠いはずなのにイライラモヤモヤ、いつまでたっても眠れない。そうこうしているうちに時間だけが過ぎ、結局、睡眠時間は2、3時間。翌朝、すっきりしない寝起きにさらにストレスは増し……。なんて悪循環に陥っている人もいるのではないでしょうか。

そもそも、ストレスとうまく付き合うにはどうすればいいのでしょうか。

ストレスとの新しい付き合い方

ストレスと上手に付き合うには、生きることには、大なり小なりストレスが伴うものだと受け入れることが大切。いつも笑顔のあの人も、穏やかで気分にムラのないこの人も、実はみんな、見えないところでストレスを感じているのかもしれません。違うのは、ストレスを受け入れる力。

最近では、様々な分野で、復元力とか抵抗力などの意味を持つ「レジリエンス」という考え方が注目を浴びています。これはストレスにも当てはまり、ストレスをゼロにしようとするのではなく、その存在を柔軟に受け止め、折れない力を身につけようというもの。

また、適度なストレスは、それを受け止める力を養ってくれるとも考えられるようになりました。この考え方を取り入れたら、多少のストレスは、自分を成長させてくれるはずだと少し気持ちが軽くなりませんか?

質の高い睡眠をとるには?

適度なストレスも大切とはいえ、やっぱり溜まりに溜まってくれば解消したくなるもの。そこで最後に、ストレス解消につながる睡眠の質の上げ方をご紹介します。

それは、朝起きたら朝日をしっかり浴びること。朝日を浴びると、睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンの分泌が減少するので、体が目覚めまします。朝きちんと目覚めさせておけば、夜にメラトニンの分泌が増え、正しい睡眠リズムを作ることができます。窓辺やベランダに数分間いるだけでもOKだそう。これなら毎朝簡単にできましょね。

レジリエンスと朝の日光浴で、ストレスに負けない生活を手に入れてみませんか?

photo by pixabay

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂