自分が好きな子どもほど早く眠れる? メンタルと睡眠の関係とは

Lifestyle 2015年07月08日(水)

自分が好きな子どもほど早く眠れる? メンタルと睡眠の関係とは

photo by Kelly Conkling

あなたは自分のことが好きですか? すぐに「嫌い……」と思った人、毎朝爽やかに起きることができていますか? 実はこの質問、昨年文部科学省が行った調査の結果から、ある状態と一定の関係があることがわかったのです!

自分が好きかどうかは心身のバロメーター?

自分のことを好きですか?と聞かれて、素直に「はい!」と答えることができる子供は、今どきそう多くないかもしれませんね。まして、大人になれば、首をかしげて考え込んでしまう人もいるでしょう。でもこの質問、あなたの心身の乱れを知る手がかりともなり得るんです。文科省が行った調査とは一体どんな調査だったのでしょうか?

この調査は、昨年11月に全国の小学5年生から高校3年生までを対象に実施されました。抽出した公立学校800校、約2万3千人が対象で、その規模は過去最大。子供たちに睡眠の状況、食事の状況、情報機器との接触、自立や心身の不調等の、4項目についての質問をしました。

遅く寝る子どもほどイライラ感が強くなる?

その結果によると、学年が高くなるにつれ就寝する時間が遅くなり、高校生に至っては深夜0時以降に寝る人の割合は47%と、半数近くが深夜まで起きていることがわかりました。それに伴い、睡眠不足を感じている子どもの割合も高くなり、高校生では3人に1人が睡眠不足だそうです。

また、スマホなどの情報機器への接触時間が長い子どもほど就寝時刻が遅く、寝る直前まで接触している子どもほど、朝起きるのが辛いと答えています。メンタル面では、就寝時刻が遅い子どもほど「自分が好き」という回答が少ないそうです。それに加え、睡眠時刻が遅い子どもは、何でもないのにイライラすることがあるという回答が多いこともわかりました。

家族みんなで睡眠時間の改善を!

以上の結果から、子どもたちの睡眠不足は体の健康だけでなく、心の健康にもマイナスの影響があることが明らかになりました。子どものこれからの成長を考えると、睡眠不足を解消してあげることはとても重要です。子どもがいる方は、子どもが夜早く眠れるように家族みんなで意識を変えていきましょう。

また、大人であっても自分が好きでないと何かとネガティブ思考になりがちです。体調を整え睡眠不足を解消すれば、もっと自分を好きになれるかもしれません。夜更かし癖がついてしまっている方は、生活習慣の見直し、少しでも早く眠れるよう工夫をしましょう。メンタル面が変化し、心身ともに健康になれるかもしれません。

photo by Kelly Conkling

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂