「女性のリズム」に合わせたアロマが美容の秘密?

Health & Beauty 2015年06月29日(月)

「女性のリズム」に合わせたアロマが美容の秘密?

アロマが美容の秘密

一般に、男性よりも女性の方が「香り」に敏感と言われています。理由は諸説ありますが、女性の方が原始的な感覚器である嗅覚が優れているのだとか。それならぜひ、香りの力を味方にして毎日を快適に過ごしたいですよね。

今回は、快眠アロマのプロデュースもしている快眠セラピストの三橋美穂先生(スリーピース代表/ボディクロック研究会 研究会員)に、毎日の体のリズムを意識したアロマの使い方についてお聞きしました。

「女性のリズム」に合わせたアロマの効果的な使い方とは?

――女性のリズムを意識してアロマを使うと、どのような効果があるのでしょうか。

三橋先生:アロマは植物などから香りの成分を凝縮したエッセンスで、その成分は嗅覚を通して脳へ、また皮膚や呼吸器から血液へ運ばれ、全身に働きかけます。

女性の1日のリズムを意識し、うまくアロマを活用することで、美容効果も高めてくれます。そのためには、女性の体が1日の中でどのようなリズムを持ち、どう変化するのか理解することが大切ですね。

――女性のリズムを意識するとは、どういうことなのでしょう。

三橋先生:睡眠を軸とした体のリズムを意識することが、美しさを保つ上で重要です。体のリズムを整えるためには、「メラトニン」という睡眠を促すホルモン、そして通称“幸せホルモン”といわれる「セロトニン」という物質が重要になります。

セロトニンはメラトニンの材料物質でもあります。また、セロトニンが不足すると、心のバランスを崩してしまい、不眠等につながります。そのため、まずセロトニンの分泌を促すことが、夜の睡眠の質の向上につながります。

睡眠の質も向上させることで、成長ホルモンの分泌を促し、ダイエット効果、美肌効果も得ることができます。こういったホルモンの分泌を意識しながら、体のリズムを整えることが大切ですね。

朝、昼、夜の体の状態に合わせてアロマを使い分ける

――1日のリズムから考えると、朝はどのようなアロマが適しているのでしょうか。

三橋先生:朝は、太陽の光を浴びて、しっかりとセロトニンを分泌させることが大切です。朝すっきりと目覚めるためには、ペパーミント、レモン、ローズマリーなど、交感神経の働きを促進し、体を覚醒させるアロマが適しています。

また、朝は、コルチゾールというホルモンが多く分泌されていて腸の活性があがっているため、老廃物を排出するのによいタイミングです。ペパーミントは便秘に効果を発揮する香りでもあります。また、血液やリンパの循環を促し、老廃物の排泄を助けてくれる、グレープフルーツ、ジュニパーなどのアロマもおすすめです。

――お昼過ぎになると眠気に襲われる方が多いですが、この時間帯に適したアロマはありますか。

三橋先生:お昼過ぎに眠気に襲われるのは、深部体温が低下するように体にプログラミングされているからです。しばし休憩を取って体を休めたいという方は、スイートオレンジ、サイプレスなどのリラックス系アロマ、眠いけれど頑張らなければ!という方は、ペパーミント、レモン、ローズマリーの覚醒系アロマが適しています。

――最後に、より良い睡眠を得るために効果的なアロマを教えて下さい。

三橋先生:夜に使うアロマとしては、副交感神経を優位にして、睡眠の質を高める真正ラベンダー、ゼラニウム、ヒノキ、シダーウッドなどが適しています。寝ている間はメラトニンと成長ホルモンが体のメンテナンスを行っています。

睡眠を促すホルモンでもあるメラトニンは、実は免疫力の向上や活性酸素の除去などの役割も担い、体や肌の修復をする成長ホルモンの分泌も促しています。睡眠の質が高まると、美肌になるのはこのような体の仕組みがあるからなんです。

三橋美穂先生

【時間帯に適したアロマ】
時間帯に適したアロマ

手軽な方法で、アロマの香りを日常に取り入れよう

――アロマは使ってみたいけれど少し面倒だという方に、先生おすすめの方法はありますか?

三橋先生:手軽にアロマを取り入れる方法は色々とあります。例えば、就寝時にコットンに含ませて枕もとに置いておくのもよいでしょう。それから、アロマ入りの化粧品を使うのもおすすめです。

化粧品は、朝や夜など使うタイミングが決まっていて習慣になっているため、アロマの効果をコンスタントに取り入れることができます。また、私自身がよく使う方法ですが、マスクを持ち歩き、ほんの少しだけマスクに垂らして使うと便利です。

手軽ですし、香りが周りに広がりません。マッサージに使う場合は、皮膚への刺激などが起きないよう、濃度に気を配るとより安全です。また、柑橘系のオイルは、紫外線が当たると肌のシミにつながる場合もありますので、日焼け止めと一緒に使うなど、工夫されるとよいかもしれません。

アロマは、自律神経のバランスを整え、体の様々な不調を解決してくれます。熟睡できない、最近どうも調子が良くないという方は、女性の一日のリズムを意識しながら、それぞれの時間帯にあったアロマを使い分けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂