梅雨の季節もふとんクリーナーで睡眠の質をキープ!

Goods 2015年06月27日(土)

梅雨の季節もふとんクリーナーで睡眠の質をキープ!

photo by pixabay

梅雨は睡眠が取りづらい季節でもあります。なぜなら、ふとんや枕が干せないため、寝ているときにかいた汗を乾かしきれないから。ふとんに残った湿気の不快感でいつもより多く寝返りをうつようになり、睡眠の質も低下してしまうのです。さらに、湿度が上がることでダニの温床にも。そこでふとんクリーナーの出番です。

梅雨の睡眠を妨げる湿気を除去!

ふとんクリーナーのなかでも特におすすめしたいのは、新技術「ドライエアブロー」を搭載した「レイコップ アールピー」。この新技術は、ふとんのなかに約70度に温めた空気を送り込み、ふとんの湿度を上げる原因である水分を取り除くことができます。そしてこれが、ダニの繁殖を抑える環境づくりにつながります。

それだけではありません。ほかにも「ドライエアブロー」の働きをサポートする機能が、多数搭載されているのです。たとえば、特許技術「光クリーンメカニズム」。これは太陽光と同じ16ワットのUVランプ(紫外線)を放射する機能。

また、ふとんたたきのように、毎分3600回振動し、ふとんのなかのハウスダストをたたき出すたたきパッドや、絶妙な力加減で、ふとんを吸いつけることなくハウスダストを吸いこむ、吸引機能もついています。

ミクロなハウスダストも99.9%まで吸収

そして、さらにすごいのが集塵力。せっかくハウスダストを吸いとったのに、排気の際にそれらを吐き出してしまっては意味がありません。しかし、レイコップ アールピーは、0.3μmの粒子を99.9%も集塵できます。

それを可能にしたのは、クリーンルームや空気清浄機にも使われる「High Efficiency Particulate Airフィルター」。これなら一度吸いこんだハウスダストを、逃すことなく備え付けのダストボックスに集めるられるので、排気も安心。さらにこのフィルターには、脱臭効果もプラスされています。

そして衛生面でうれしいのは、本体の底面に抗菌加工が施されていること。おかげで清潔な状態がキープされ、毎日安心して使用できます。

片づけるときもハウスダストを飛散させない!

そして最後にお伝えしたいのが、レイコップ アールピーを使用したあとの片付けについて。吸い込んだハウスダストを集めるダストボックスにセッティングされた標準フィルターが、水の中なかで外す「水中洗い方式」なのです。そのため、再び空気中にハウスダストを飛散させることがないのです。最後までまさに至れり尽くせりですよね。

ただでさえ熟睡しにくい梅雨のシーズンに、眠れないばかりかダニにまでかまれてしまっては、踏んだり蹴ったりですよね。特に赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭では、ふとんを清潔に保つのは必須。「レイコップ アールピー」を試してみるのもいいかもしれません。

photo by pixabay

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「休日の寝だめで睡眠不足を解消!」 これはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂