朝が弱い社会人のための“光で目覚める”めざまし時計!

Goods 2015年06月23日(火)

朝が弱い社会人のための“光で目覚める”めざまし時計!

光で目覚めるめざまし時計

朝、どうしても起きられず、苦い経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。「あと5分だけ」の二度寝が命取りになることもしばしば。目覚ましはきちんとセットしているのに、朝スッキリ起きられない。その理由は、その目覚めが音による強制覚醒だからかもしれません。

音ではなく光?答えは体内時計にアリ!

私たちの体内にはおよそ24時間周期でリズムを刻む体内時計が存在します。この体内時計の働きによって、日中は活動状態に、そして夜は休息モードに体が自然と切り替わります。規則正しい生活が体内時計を整えるためには理想的ですが、社会人の生活はどうしても不規則になりがち。朝スッキリ起きられないのは、体内時計が乱れているからかもしれません。そんな体内時計の乱れを毎朝リセットしてくれる救世主が太陽光なのです!

光目覚ましで自然にスッキリ

そこで、朝弱いあなたにオススメしたいのが、ムーンムーン株式会社が発売した光目覚まし『Inti』。この目覚ましは、太陽光とほぼ同じ、最大20,000ルクスを発光し、天然の覚醒物質「セロトニン」の脳内分泌を促します。まるで日の出のように、起床の30分前から徐々に明るさをあげ、脳を覚醒し、快適な目覚めをサポート。「セロトニン」は別名、「幸せホルモン」ともいわれ、分泌されると、気分が明るくなったり、ストレスに強くなったりとまさにいい事尽くめ。

快適な目覚めが良質な睡眠につながる

朝、「セロトニン」が十分に分泌されると、夕方から夜にかけて睡眠物質「メラトニン」が生成されます。「メラトニン」が分泌されることで、自然に眠気が現れ、快眠につながるのです。『Inti』にはやすらぎモードも搭載。ろうそくの炎をイメージした光が、リラックス環境を作ります。光によって、朝、スッキリ目覚めて、夜もグッスリ眠れる。このような「光療法」は昨今、医療現場でも注目されており、不眠症などの睡眠障害の治療法として確立されています。

時差ボケ対策にも効果的!

また、『Inti』は、持ち運びにも便利なコンパクトタイプ。出張や旅行のお供にもぴったりです。海外出張特有の時差ボケも、体内時計の乱れによるもの。飛行機でなかなか眠れない、出張先で朝から頭がボーっとしているなんて時も、これさえあれば、大丈夫。体内時計を光で調節してくれるから、急激な時差にカラダのリズムを対応させることができます。

世界で成功しているビジネスパーソンは、皆揃って早起きだとか。早起きを習慣化して、あなたも明日からできるビジネスパーソンに!

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂