ボンネルコイルで腰痛解消!? ベッドのコイルにこだわろう

Lifestyle 2015年06月20日(土)

ボンネルコイルで腰痛解消!? ベッドのコイルにこだわろう

photo by pixabay

「朝起きたときに腰が痛い」「寝ているときに腰が沈む」という悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。みなさんはベッドのコイルを気にしたことはありますか? ベッドのコイルと腰痛は深く関係していると言われているのです。

ベッドのコイルは大きく分けて2種類

ベッドに使われるマットレスにはさまざまな種類がありますが、一般的に普及しているのは「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の2種類です。それぞれ作りや寝心地に違いがあるので、比較してみましょう。

・ボンネルコイル

コイルが全て連結しており、身体を面で支えるような少し硬い寝心地です。床に布団を敷いたときをイメージするといいでしょう。面が硬いので、寝返りを打ちやすく安定感があります。

・ポケットコイル

コイルが円筒形の袋に入っており、それぞれが独立しています。体重がかかる肩やお尻が沈むので、柔らかい寝心地を得られるのが特徴です。体にかかる負担が全体的に少なく、無理のない体勢で寝ることができます。

なぜボンネルコイルがおすすめなのか

これだけ聞くと「ポケットコイルのほうが腰痛解消にいいのでは」と思う方のほうが多いかもしれません。しかし、実際は、ボンネルコイルのほうが腰痛のある方に適していると言われています。

なぜなら、腰痛を引き起こす動作には、主に前屈みや後反りが挙げられ、柔らかいベッドだとこれらに似た姿勢になってしまうからです。腰痛を抱えていない方にとっては、とても寝心地のいい環境かもしれませんが、腰痛持ちの方にはおすすめしません。

一方、ボンネルコイルは面が硬く、寝返りも打ちやすいので、腰痛持ちの方はとても楽に感じます。腰痛持ちの方でポケットコイルなどの柔らかいマットレスを使用している方には、できるだけ早めの切り替えをおすすめします。

コイルの多様化で増えた選択肢

近年は、ボンネルコイルとポケットコイル両方のいいところを備えたマットレスも登場しています。例えば、ポケットコイルの沈み方で心地よさを演出し、体重が乗るにつれてボンネルコイルの硬さで体全体を支えるような製品です。「寝心地はポケットコイルがいいけれど、腰痛でボンネルコイルにしている」。そんな方には最高のマットレスでしょう。

このように技術の進歩によって、コイルの選択の幅はだいぶ広がっています。可能な限りさまざまな製品を比較し、自身の腰痛の状態と理想の寝心地に合った製品を探してみるのがいいでしょう。きっと、あなたにぴったりのものが見つかるはずです。

photo by pixabay

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂