エアコンの音すら耳障り!? 眠りを妨げる生活騒音

Lifestyle 2015年06月19日(金)

エアコンの音すら耳障り!? 眠りを妨げる生活騒音

photo by Mateus Lunardi Dutra

暑くて寝苦しい夜、エアコンをつけて就寝する方も多いでしょう。しかし、このエアコンの音が、『騒音』として眠りの邪魔をしてしまうこともあると言われています。「こんな小さい音が?」と思うかもしれませんが、不眠の原因は意外なところにあるのです。

エアコンなどの生活騒音が心地良い眠りを妨げる!

騒音は私たちに心理的なストレスを与え、睡眠を妨害します。実際に、騒音は慢性的な不眠症の原因のひとつとも言われており、日常生活における大きな問題点ともいえるでしょう。

ただ、この場合の騒音には個人差があります。『騒音』と聞くとバイクの排気音や車のクラクションといった大きな音をイメージしますが、皿洗いの音やエアコンの音など、日中は気にならないような些細な生活音でさえも、夜間の場合は騒音となり得てしまいます。

入眠時は基本的に、時計の針が動く音などの連続音はさほど気にならないもので、反対に、急に鳴ったり止まったりする音にストレスを感じやすいと言われています。しかし「眠れない」と焦っているときは神経が過敏になっているため、連続音でも気になってしまうことがあるそうです。

睡眠時に気になるちょっとした「音」

夜間の騒音レベルについては、環境省により、住居の用に供される地域では「45db(デシベル)以下であることが基準」と定められています。そして、一般的なエアコンの音は、41~59db。基準値内に収まっている音でも、人によっては入眠の邪魔に感じたり、夜中の覚醒の原因になってしまうかもしれないのです。

そのほか、眠りを邪魔する可能性のある生活騒音の目安は以下の通りです。

・換気扇……42~58db

・テレビ……57~72db

・洗濯機……64~72db

・掃除機……60~76db

・子供が走る音……50~66db

・人の話し声……50~61db

45dbでも眠りの妨げになり得ることを考えると、ほとんどの生活音は騒音になる可能性があると言えます。

騒音対策で安眠を手に入れよう

騒音が気になって眠れないという人は、しっかりと対策を取ることをおすすめします。まずは一緒に住んでいる家族に、寝ている間は静かにしてもらうようお願いをするところから。

どうしても音が出てしまうのであれば、耳栓を使うのもおすすめです。耳栓ならエアコンの音も気になりません。また厚いカーテン(遮音カーテン)をドアに取りつけ、ほかの部屋の音をシャットアウトするのもよいでしょう。このとき、隙間をなくすようにドア全体を覆うのがコツです。

このように、騒音対策は身近なところからはじめることができます。自分なりに騒音対策を行うと、寝苦しい夜でも快適に眠れるようになるのではないでしょうか。

photo by Mateus Lunardi Dutra

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

昼寝はなぜ20分程度がよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂