夜書いたラブレターは朝起きたときに見なおしなさい!

Lifestyle 2015年06月16日(火)

夜書いたラブレターは朝起きたときに見なおしなさい!

photo by martinak15

告白する前夜にラブレターを書いたものの、翌朝になって「随分恥ずかしいことを書いてしまった……」と後悔した経験がある方もいるかもしれません。ラブレターに限らず、同じ文章なのに、朝と夜で違って見えるのはなぜなのでしょうか? 実は脳のメカニズムが関係しているのです。

夜に書いたラブレターは恥ずかしい?

夜に書いたラブレターを翌朝見なおすと、恥ずかしくなる方は多いはず。なぜ、夜は恥ずかしいことを書いてしまうのでしょうか? これには自律神経が関係しているようです。

自律神経には大きく分けて「交感神経」と「副交感神経」の2種類があり、交感神経は日中、副交感神経は夜に優位に働くと言われています。そして、この夜に優位になる副交感神経によって、恥ずかしいことを書いてしまうのです。

というのも、副交感神経は理性よりも情動を優先するメカニズムとになっているから。情動が優先された結果、普段抑えられていた想いがそのまま出てしまうのです。相手に伝えるという意味では効果的かもしれませんが、あまりに情熱的な内容に引かれてしまう可能性もあるので、十分に注意しましょう。

夜に書いたラブレターは起きたときに見返そう

一方朝は、副交感神経との変換期で交感神経が働きはじめ脳が活性化する時間帯です。これは、何かを判断したり、物事をじっくり考えたりするのに適した時間であり、勉強や仕事にも役立つとされています。

このメカニズムを生かして、夜書いたラブレターは翌朝に見返すのがおすすめです。恥ずかしい内容に目を覆うこともあるかもしれませんが、最適な内容に作り替えられるはず。

ただ、起きてすぐの確認は避けてください。起床直後はまだ副交感神経が優位な状態のため、正常な判断ができない可能性があるからです。朝食を食べたり、太陽の光を浴びたりして交感神経への切り替えを図ってから確認するのがよいでしょう。

就寝前のラブレターは控えよう

夜にラブレターを書くのを避けたほうがいいのは、就寝前だからというのもひとつの理由です。なぜなら、副交感神経は夜という時間的な条件だけでなく、「寝るため」にも働くから。そのため、就寝前に書きはじめるとより一層情動的な内容になる可能性があります。さらに想いが高ぶった結果、そのまま、メールで送信してしまう……なんてことも起こりかねません。

相手に想いを伝えてから後悔しても遅いので、ラブレターはできるだけ冷静な判断ができる時間に書くようにしましょう。夜にラブレターを書くことを避ければ、恋の成功率が上がるかもしれませんよ。

photo by martinak15

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「休日の寝だめで睡眠不足を解消!」 これはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂