長生き大国日本! 長寿の秘訣は7時間睡眠にアリ

Health & Beauty 2015年06月10日(水)

長生き大国日本! 長寿の秘訣は7時間睡眠にアリ

Photo by pixabay

長寿の国としても知られている日本。実際、なぜこんなに長生きの人が多いのしょうか? その理由はいろいろとありますが、そのひとつに睡眠時間が関係しているという説もあります。今回はそんな、長寿と睡眠の関係性についてご紹介します!

日本の平均寿命ってどれくらいなの?

長寿の国日本と言われていますが、実際の平均寿命がどれくらいかをご存知でしょうか? 2015年5月時点の調べによると、男女を合わせた平均寿命が84歳とされています。男女別では、女性が87歳、男性が80歳となっています。

男性の平均寿命はシンガポールやサンマリノをわずかに下回っているものの、全体で見ると、2014年に続いて首位をキープしています。さらに女性の平均寿命も前年に引き続き、世界一位を記録しています。

ちなみに、世界の平均寿命を見てみると、男女を合わせた場合は71歳。この数字から比較しても、日本の寿命が圧倒的に長いということがわかりますね。

長寿の秘訣は適切な睡眠時間!

日本の寿命がこれほどまでに伸びたのは、生活習慣が大きく影響していると考えられます。健康的な食生活もそのひとつですが、ここで注目したいのは睡眠時間です。

1980年代にアメリカで行われた調査では、1日6.5~7.5時間の睡眠時間を確保している人の死亡率が低く、それ以上、あるいはそれ以下の睡眠時間の人は死亡率が高まるという結果が出ました。「たくさん寝た方が健康的」というイメージがありますが、実は寝過ぎは死亡率を高めてしまうことがわかったんです。

そんななか、日本人の睡眠時間を見てみると、全国平均が約7時間42分となっており、上記の数字に当てはまります。一方、ほかの国では平均睡眠時間が8時間を超えているところも見られることから、睡眠時間と寿命が関係しているのではないかということが予測されるわけです。

時間ぐっすり眠って快適な生活を送ろう!

睡眠は、長すぎず短すぎず、適度な時間を確保してあげることが大切です。長く眠ると、その分睡眠の質が低下してしまう可能性もあります。

自由に使える時間が減ってしまううえに、1日の活動にも身が入らないのではもったいないですよね。そうならないためにも、昼間は脳と体をしっかりと働かせ、夜はぐっすりと眠る、というようにメリハリを持たせてあげましょう。

適切な睡眠時間を守ることで、自然と1日の活動にもハリが出てくるものです。そして、イキイキと過ごせることが、長生きにもつながってきます。毎日の生活を快適にするためにも、7時間睡眠を意識してみてはいかがでしょうか?

Photo by pixabay

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂