1日30分の運動で簡単ダイエット!体脂肪を燃やしてメリハリボディを手に入れる方法とは?

Health & Beauty 2015年06月05日(金)

1日30分の運動で簡単ダイエット!体脂肪を燃やしてメリハリボディを手に入れる方法とは?

1日30分の運動で簡単ダイエット

いつまでも「美しく」「健康でありたい」と願う女性は多いはず! でも運動をしないと体はどんどん衰えていきます。体脂肪が増え、筋力が衰え、ふと鏡を見たら、たるみきったボディに…。

「運動が苦手」「激しい運動は疲れてしまう」など、ついしりごみをしてしまいがちですが、正しい運動法を取り入れれば、無理なく体型をキープすることが出来ます。

無酸素運動で筋力アップ!目指せ、カッコイイ体

運動には大きくわけて「無酸素運動」と「有酸素運動」の2種があります。何となく運動をしている人は多いと思いますが、これらの効果をきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか?

無酸素運動とは、体内の酸素を使わずに筋肉に貯めているグリコーゲン(糖質)を分解して、そこから生成されたエネルギーで行う運動のことを示し、瞬発力が必要な短距離走や筋力トレーニングなどが含まれます。

この運動は長時間行うことはできませんが、筋力を鍛えるのに効果があります。筋力アップの効果はさまざまで「基礎体力がつき、疲れにくくなる」「基礎代謝が高まり、脂肪を燃焼しやすい体になる」「肩こりや腰痛などが治る」などがあります。

そして何より、“カッコイイ体”が手に入ります。

有酸素運動で体脂肪を燃やせ!

一方、有酸素運動とは体内の酸素が使われ、体脂肪を燃焼させてエネルギーに変える運動のことです。比較的弱い力が継続的に体にかかるときには有酸素運動をしていると言えます。

人気がある有酸素運動には、ウォーキングやエアロビクスダンスなどがあります。主な効果は「運動中に脂肪を燃焼し、肥満を防止する」「心臓や肺の機能を高め、疲れにくくする」「血圧や血糖値の異常値を抑える」などです。

運動の効果を理解することで、自分がすべき運動がわかり、健康維持やダイエットへのモチベーションアップにつながるのではないでしょうか?

無酸素運動×有酸素運動で、脂肪燃焼効果を最大化!

無酸素運動、有酸素運動、それぞれの運動に効果があることはもちろんですが、それらを組み合わせて運動することによって、より大きな効果が発揮されます。

脂肪燃焼効果は、心拍数を上げて血のめぐりを良くし、体の隅々まで酸素が行き渡る状態をつくることで、高まります。心拍数を平常時の60%~80%上げると脂肪が最も燃焼されやすい状態になると言われていますが、この状態になるまでウォーキングを行うとすると、約20分を要するとのこと。

筋力トレーニングなどの無酸素運動を合間に行うと、燃焼までの時間を短縮し、運動に対しての燃焼時間を延ばすことができます。同じ時間運動をしてもより効果があるのが無酸素運動×有酸素運動なのです。

30分でできる手軽な時短トレーニング!

時短トレーニング

全国に1,500店舗、65万人以上の会員数を抱える女性専用体操教室「カーブス」では、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせた「サーキットトレーニング」を実施。

腕、お腹、太ももなど、各部位の筋力を鍛える12種のマシーンと有酸素運動をするステップボードが置かれており、30秒ごとに筋力トレーニングと有酸素運動を交互に行うことが出来ます。

トレーニングの所要時間は30分。買い物の合間など、短い時間でも効果があると全国の多くの女性たちが利用しているそうです。

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせた運動で、夏に向けてカッコイイ体を手に入れましょう!

参考取材:女性専用体操教室「カーブス」

Photo by Robert Bejil

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂