朝の眠気をふっとばす! 朝やってはいけない3つのこと

Lifestyle 2015年05月31日(日)

朝の眠気をふっとばす! 朝やってはいけない3つのこと

起床後、目覚ましを確認しようとする女性

朝活の内容にも、朝向いているものと向いていないものがあります。朝の時間を無駄にしていませんか? 朝活としてやってはいけないことを中心にご紹介します。正しい朝活で朝の眠気をふっとばしましょう。

朝の時間をどうしたら有効活用できるか

近年、朝活というワードをよく耳にします。朝活動すれば朝活になりますが、朝活にも向いていることと向いていないことがあるのです。朝にはドーパミンやアドレナリンなどの分泌量が増えることがわかっています。仕事をするのには朝の時間が効率よく取り組むことができる時間でしょう。

また、朝の時間を使ってその日一番の課題を済ましたり、朝から明るい言葉を自分自身に投げかけることで、その日一日を前向きに明るい気持ちで過ごすことができます。 その日一日をプラスにもっていくために、正しい朝活で眠気を吹っ飛ばしましょう。

朝の時間にやってはいけないこと

まず、ネガティブなことは避けたほうがいいので、「昨日の反省」などはしないようにしましょう。次に記憶の定着は朝の時間ではなく、眠っている間に行われるので、「暗記もの」などは寝る前のほうが向いていると言えるでしょう。

最後に考えずにできる「簡単な作業」も朝向きではありません。朝の時間でなくてもできることはできるだけ避けましょう。 その後眠気を誘う可能性がある急激な運動も避けたほうがいいです。朝から疲れてしまっては元も子もありません。このように、朝の時間に向いていないことはいくつかあります。ただ朝に活動すればいいというわけではないことを覚えておいてください。

朝眠気に勝つためには

朝の眠気に勝つために、明確な目標を持っておくといいでしょう。自分が何のために朝活をするのか、その目標があるかないかで継続していくモチベーションが変わっていきます。目標は紙に書き出し、目につくところに貼っておくといいでしょう。

また、一日の理想の流れを書き出してみるのもいいでしょう。朝の行動がその日一日を左右すると思うと、朝の数分がきつくてもどうにか頑張って起きようと思えます。また、同じように朝活に取り組んでいる友達がいると一緒に頑張れるかもしれません。

眠気に勝って素敵な一日を手に入れましょう。

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂