ちゃんとお休みとれてる? リラックスタイムで睡眠不足も解消

Medical 2015年05月30日(土)

ちゃんとお休みとれてる? リラックスタイムで睡眠不足も解消

リラックスタイムで睡眠不足も解消

まわりの人が忙しそうに働いているのを見ると、自分だけ休むのもなんだか悪いなぁと感じることはありませんか? でも、仕事の効率アップのためには、休養をとるのも大切なんですよ。今回は、休養についてご紹介します。

睡眠不足の原因に

「休養」という言葉を辞書で調べてみると、「仕事などを休んで、気力や体力を養うこと」と出てきます。

一般社団法人 日本生活習慣病予防協会は健康な生活を送るために「休養のすすめ」を説いていて、休養が足りていないと、さまざまな問題を引き起こすと言います。

たとえば、睡眠不足や睡眠障害、生活習慣病、はたまた交通事故まで。休養不足はあらゆるリスクを高めてしまうのです。

日本人は働くことが善で、休むことは悪という意識が強く、休養の重要性が語られる機会は少ないようですが、改めて休養について考えてみましょう。

休養のすすめ

「休養のすすめ」を説く一般社団法人 日本生活習慣病予防協会では、「休養」を次のように定義しています。

“日頃の仕事や家事などによる心身の疲労を回復させる面(休む)と、仕事や家事を充実した状態で行えるように鋭気を養う面(養う)がある。

広義には、仕事をしない休日を月に6日以上とり、心と身体をゆっくり休めること。狭義では、質のよい睡眠(快眠)をとることであり、一無、二少、三多の“多休(しっかり休養をとる)”がそれにあたる。”

みなさんは、月に6日以上のお休みがとれていますか?きちんと心と体を休ませてあげることが、睡眠の質をあげ、仕事や家事を充実させるカギになるのです。

日常生活にも休養を

休養と一言で言っても、その過ごし方は人それぞれです。いつもより長めに眠る方もいれば、家族との団らんで英気を養う方、お風呂にゆっくり入ることでリラックスする方、大自然の中で心の洗濯をする方……。

もちろん1日のんびりするのもいいですが、丸1日休めないという方は、1日30分でもいいのでリラックスできる時間を作ってみてください。職場でも時々ストレッチをしたり、外の空気を吸いに出てみたり。これも立派な休養になります。

オンとオフの切り替えがうまくできず、ずっと緊張状態のままでいると常に気が張ってしまい、睡眠不足の原因にもなりかねません。オンのときに仕事に集中するためにも、意識的に適度な休養を取り入れるように心がけましょう。

photo by tup wanders

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂