4時間睡眠=徹夜と同ダメージ!?  睡眠不足がもたらす驚きの症状

Work 2015年05月26日(火)

4時間睡眠=徹夜と同ダメージ!?  睡眠不足がもたらす驚きの症状

photo by Sylvain Kalache

みなさん、夜はちゃんと眠れていますか? 寝床に入ってもなかなか眠れないという方はいませんか? たとえば、4時間睡眠が1週間続くと、体へのダメージはひと晩徹夜しているのと同じぐらいと考えられるそうです。睡眠時間を見直してみましょう。

日常的な4時間睡眠はNG

「睡眠時間は短いけど、ちゃんと寝ることは寝ている。でも、仕事の効率が上がらない」。このような悩みを抱えている方はいませんか?

仕事で目標を達成するためには、ハードワークになるときもあるでしょう。でも、だからといって睡眠時間を削るというのは、仕事の効率を下げてしまうので、時間はかけたのに結果が出ないという状況に陥りかねません。

実際に、4時間睡眠を1週間続けた人はひと晩徹夜した人と同等のパフォーマンスしか出せないという実験結果もあるそうです。徹夜はしていないのに……と思っている方は、一度、自分の1日の睡眠時間を見直してみてはいかがでしょうか。

睡眠不足によって起こるリスク

人はひと晩徹夜すると、翌日にどの程度の影響が出るかご存知ですか? 実は、ビールの大瓶を1本飲んだときと同じパフォーマンスになるなんて説も。1人で大瓶1本を飲んだら、酔っぱらっている状態とほとんど変わりませんよね。

睡眠不足の状態が怖いのは、パフォーマンスとともに集中力が低下して、取り返しのつかないトラブルを引き起こしかねないことです。正常な状態なら気づけることも、睡眠不足の状態だと見過ごしてしまいがちです。

さらに、高血圧や心筋梗塞などの病気のリスクを高める原因にもなると言われています。つまり睡眠というのは、私たちの体にとって非常に重要な役割を担っているのです。

その悩み、実は睡眠不足の症状のひとつかも

自分が睡眠不足かどうか、下記のチェックリストを確認してみてください。1つでも当てはまれば、睡眠不足の可能性があります。

・朝、なかなか起きることができない

・午前中に居眠りすることがある

・仕事のミスが最近多い

・昼寝をしても眠い

・会議や商談中に眠気に襲われることがある

当てはまった方は、意識的に睡眠時間を長めに確保するようにしましょう。とはいえ寝床に入っても、なかなか寝つけない方もいらっしゃいますよね。そんな方は体と脳をリラックスさせる工夫をしてみましょう。

たとえば、クラシックなどのゆったりしたリズムの音楽を聴きながら、目元の筋肉をホットタオルなどをあててほぐしてあげたり、ラベンダーやオレンジといったリラックス効果のあるアロマをたくのもおすすめです。

photo by Sylvain Kalache

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂