虫歯に「なる」、「ならない」を決める3つのルール! あなたの「唾液」は大丈夫?【カラダジム】

Health & Beauty 2015年05月25日(月)

虫歯に「なる」、「ならない」を決める3つのルール! あなたの「唾液」は大丈夫?【カラダジム】

あなたの「唾液」は大丈夫?

多くの人が悩まされる「虫歯」。実は、虫歯になりにくい、なりやすいを決めるポイントがあるのです!虫歯のメカニズムと虫歯を防ぐために気を付けるべきことを日本大学歯学部教授・宮崎真至先生にお聞きしました。

知られざる“唾液のパワー”とは

唾液のパワー

――虫歯と唾液の関係について教えてください。
加齢や花粉症の薬などの影響で、唾液が出にくくなると、虫歯のリスクが高くなります。また、唾液が少なくなると、食べ物が飲み込みにくいなどの弊害も出てきます。唾液は重要なのです。

歯を守ってくれる一番の存在が唾液ですので、きちんとケアして虫歯予防につとめることが大事です。私たち専門家の間でも「唾液の力」と呼んで、その機能や効果にとても注目しています。

唾液が歯のミネラルを補給する

唾液が歯のミネラルを補給

――唾液はどのように虫歯を防ぐのでしょうか

食事をすると、歯の表面に歯垢がつきます。歯にはもともと虫歯をつくるばい菌(主にミュータンス菌)が住んでいて、歯垢の中で酸をつくり、歯を溶かしてミネラル成分などを流出させてしまいます。これを「脱灰(だっかい)」といいます。

ただ、脱灰したとしても、唾液に含まれているミネラル分が再び歯の中に入り、歯は補修されます。これを再石灰化といいます。通常、口の中では脱灰と再石灰化が繰り返されていますが、バランスがくずれて酸の力が強くなると、脱灰が進行し虫歯になってしまいます。

――唾液が歯を守る役割をしているのですね。

唾液の役割は非常に重要で、ミネラルを補給する以外にも、さまざまな機能があります。唾液は主に口の両奥にある耳下腺から出ていて、口の中の汚れを洗い流す働きを持っています。

殺菌成分も含まれているので、ばい菌の増殖も防ぎます。また、歯を磨いた後に数分経つと、唾液の中のたんぱく質が静電気のように歯の表面に吸着して保護層をつくります。これも歯を守る役割をしています。

“だらだら食い”が虫歯をつくる

“だらだら食い”が虫歯をつくる

――唾液が少ないと虫歯ができやすいのでしょうか。

唾液が少ないと虫歯のリスクが高くなってしまいます。さらに、虫歯のできやすさを左右するのは、実は、食生活の習慣です。食生活を見直すことで、「歯」、「ばい菌」、「食べ物」の三者をよくコントロールすることが重要です。

――どのような食生活が虫歯を招いているのでしょうか。

最もよくないのは、だらだら食いや多すぎる間食です。ばい菌は、食べ物が口の中に入るとプラーク(歯垢)という粘着性の膜(バイオフィルム)を形成し、その中で酸を出して歯を溶かします。

プラークの膜はとても強力で酸性に傾きやすく、ばい菌にとっては絶好の活躍の場。食べ物が入るたびにプラークの中で酸をつくり、これを繰り返すたびに酸の影響が強くなり虫歯のリスクが高くなってしまいます。

お酢の一気飲みが、虫歯を招く?!

お酢の一気飲みが、虫歯を招く

――注意したほうがよい食べ物はありますか。

ばい菌によるものではありませんが、口の中が酸性に傾くと、歯の表面のエナメル質が溶けてしまうので、酸っぱい食べ物や炭酸飲料など酸性の食品を摂るときにも気をつけた方がよいですね。通常は唾液が口の中のpH(酸性度)を一定に保つ働きをしています。

しかし、例えばスポーツの後など、発汗により唾液の分泌量も減ってしまっているときにレモンやオレンジなど酸性のジュースや炭酸水を飲むなどの行為は歯の健康にはよくないことです。

最近女性でされる方が多いのですが、お酢の一気飲みも危険です。食べ物では、歯にくっつきやすいヌガーやキャラメルが要注意です。

なぜ、虫歯になるのか?

――そもそも、なぜ、虫歯ができてしまうのでしょうか。
虫歯の条件が整うためには、3つの要素が必要となります。ばい菌があること、そしてばい菌の栄養となる食べ物があること、そして歯があることです。

歯の表面についているばい菌(主にミュータンス菌)は、食べかすなどをエサにして酸を出します。この酸によって歯が溶けてしまうのです。ただ、ばい菌が一方的に酸を出し続け歯がどんどん溶けていくのかというと、そうではありません。

――虫歯のメカニズムを正しく知って、予防することが大事なのですね。
そうですね。歯のケアは皆さん疎かにしがちですが、目に見えるところだけではなく、目に見えないところのケアも頑張ってほしいですね。

関連ウェブサイト:http://www.mmm.co.jp/hc/dental/consumer/

<ドクタープロフィール>
日本大学歯学部 教授 宮崎 真至 先生

宮崎 真至 先生

【出身】
秋田県秋田市
【経歴】
1987年 日本大学歯学部卒業
1991年 日本大学大学院修了博士(歯学)
1991年 日本大学歯学部保存学教室 修復学講座 助手
1994年~1996年 米国インディアナ州立大学歯学部留学
2003年 日本大学歯学部保存学教室修復学講座講師
2005年 同上 教授

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂