睡眠不足に勝てないと、社会の負け組になってしまうのか?

Lifestyle 2015年05月21日(木)

睡眠不足に勝てないと、社会の負け組になってしまうのか?

ビジネスマン

睡眠不足でも頑張れる、睡眠不足に慣れている人の方が、強く体力があるようにみられがちです。しかし、睡眠不足である以上、パフォーマンスが落ちているのには変わりありません。しっかり睡眠を取るのがベストではないでしょうか?

睡眠不足に強い方が有利な社会?

毎日遅くまで働いて、朝もしっかり定刻には出社し働き続けるスーパーマンのような人を見たことはありませんか? 仕事ができるのかどうかは置いておいて、古い考えの日本企業などは特にそういった人が出世していく仕組みになっています。遅くまで働く人を良しと考え、定時退社を良く思わない人もまだまだ多いものです。

その場合、睡眠不足に弱い人は完全に不利です。睡眠不足に弱い人は、夜になると作業効率が落ちていってしまい、集中力も落ちていきます。だからと言って睡眠不足に強くなれと言っているわけではありません。

睡眠不足に弱くても大丈夫

睡眠不足に弱い方が、実は社会では得をしているのではないかという発想です。睡眠不足に強い人々は何かを犠牲にしています。気付かないうちに身体を壊してしまったり、心を壊してしまったりと、何かしらマイナスな影響を受けています。

睡眠不足に弱いということは、自分の意思とは違ったとしても、そういったリスクヘッジが事前にできているということです。ですので、身体や精神を壊すリスクが低いと考えられています。また社会の考え方も変わりつつあるので、睡眠不足に弱くても全く問題はないのです。

パフォーマンスを最大化させるためには

作業効率をあげるためには、やはり睡眠時間をしっかりと確保することが重要です。そのためには、始まりの時間・終わりの時間を計って、コントロールする癖をつけていくことをおすすめします。ダラダラとやるのはよくありません。

何を何時までに終わらせ、何時間睡眠に当てるといった1日の計画を始めに立てるといいでしょう。生活がテキパキし、作業効率があがります。また、そういった人間が評価される社会へと変わりつつあります。

ぜひ、自分のやり方を確立させ、社会で評価される人間を目指していきましょう。

Photo by Max Khokhlov

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂