「海老とえだまめの豆腐ソースのショートパスタ」【ネムジム食堂 夜ごはん】

Food 2015年05月20日(水)

「海老とえだまめの豆腐ソースのショートパスタ」【ネムジム食堂 夜ごはん】

image001

『ネムジム食堂』の夜ごはん担当、薬剤師で料理研究家のヨシダです。毎回ひとつずつ、体内時計を整え、快眠につながる栄養素を紹介しながら、手軽でおいしいレシピをお届けいたします。今回は特に女性におすすめのあの成分に注目です。

大豆イソフラボンって?

大豆イソフラボンって知ってますか?大豆に含まれるポリフェノールの一種で、更年期障害の緩和、骨粗しょう症の予防などに効果があるそうです。女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするともいわれています。

女性の強力な味方?!

女性ホルモンのバランスが崩れると、自律神経の乱れにつながり、頭痛やめまい、不眠など身体に変調を来たしてしまいます。そんな時、大豆イソフラボンはエストロゲンの分泌量を調節し、ホルモンバランスを整える役目をするんだとか。そうやって自律神経の乱れを改善し、不眠などの症状を改善するそうです。

意外と身近なあの食品に・・・!

そんな大豆イソフラボンを多く含む食品といえば、豆腐、納豆、味噌、醤油、きな粉などの大豆が原料の食品です。身近な、そして和食でよく使われるものが多いのも特徴です。今回はあえて和食以外のレシピをご紹介したいと思います。

「海老とえだまめの豆腐ソースのショートパスタ」
≪材料≫(2人分)
・海老(むき身) 120g
・枝豆(むき身) 50g
・玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
・にんにく(みじん切り) 小さじ1
・豆腐 150g
・卵黄 2個
・コンソメ顆粒 大さじ1/2
・粉チーズ 大さじ3
・オリーブオイル 大さじ2

・フリッジ 120g
・塩 少々

…最後に…
・粉チーズ 少々
・オリーブオイル 少々
・黒胡椒 少々

≪作り方≫
1.ボウルに豆腐 を入れ、フォークなどで細かくつぶし、卵黄、コンソメ顆粒、粉チーズを加え、滑らかになるまでよく混ぜておきます。

2.フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れ、香りが立ってきたら、玉ねぎ、海老、枝豆を加え、炒めます。

3.表示時間通りに茹でたショートパスタ(今回はフリッジ)と1を2に加え、さっと混ぜ合わせ、温まったら火を止めます。

4.皿に盛り、粉チーズ、オリーブオイル、黒胡椒を振ったら出来上がり。

今回のレシピで使った枝豆も、大豆の未成熟なものですから、大豆イソフラボンの効果も期待できますね。大豆が原料の食品のうち、味噌や醤油のような調味料は、塩分は高く、一度にたくさんは使えませんよね。例えば、サラダのトッピングに茹でた大豆や枝豆、豆腐を使ったりして、毎日気軽に大豆イソフラボンを取り入れてみましょう。

夜ごはん担当:ヨシダさん

夜ごはん担当:ヨシダさん
「ネムジム食堂夜ごはん担当のヨシダです。よろしくお願いします。ネムジム食堂夜ごはんは、体内時計を整え、心地よい眠りを届けてくれるその名も「快眠夜ごはん」です。快眠夜ごはんを食べて、よく眠った翌日は頭も、肌も、気持ちもスッキリ。カラダもココロも若返ります。ヨシダがつくる快眠夜ごはん、よい眠りでよい明日をお迎えください!」

ヨシダさん(本名:吉田三和子)プロフィール:
薬剤師で料理研究家。『なごみごはん』という簡単家庭料理・パーティー料理の教室を開催。著書 「食べたいものを食べやすくデイサービスで人気の介護食83」講談社刊。食のコミュニティ「andparty」マイスター。

食コミュニティ「andparty」はこちら

『ネムジム食堂』とは

『食で眠りを鍛える!』をモットーに「今日を元気に過ごす朝ごはんレシピ」、「快眠を約束する夜ごはんレシピ」など、毎回様々な情報をご紹介していきます。

『ネムジム食堂』その他の記事はこちら

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前にお茶やコーヒー、タバコなどをとるのはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂