ストレートネックで眠れない人は枕を変えよう!

Health & Beauty 2015年05月13日(水)

ストレートネックで眠れない人は枕を変えよう!

枕なしで寝る女性

ストレートネックという言葉を聞いたことがありますか? スマホやパソコンの影響などで、頚椎が変形していることが原因らしいのですが、そのせいでうまく眠れない人もいるようです。もし、ストレートネックの症状に悩まされているなら、枕を見直してみるといいかもしれません。

ストレートネックの症状はつらい

本来、人の頚椎は前に少しカーブしているのが正しい状態。でも、ストレートネックの人は、頚椎のカーブが浅く、まっすぐに近い形になっているのだそうです。症状がひどい場合、本来の首の骨とは逆反りになる、頚椎後弯変形という状態になっている可能性もあります。

ストレートネックの人は、頭の重さを支えることができません。すると、首の筋肉だけで頭の重さを受け止めなければならず、肩こりや肩のハリ、頭痛といった症状に悩まされてしまいます。さらに、重症化している人は、手のしびれや吐き気、めまいを感じてしまうケースもあるそうです。

ストレートネックの人は枕を変えるとよい!?

日常生活の姿勢の悪さも原因の一つ。スマホを覗き込んだり、ディスプレイに顔を近づけようと、顔を前に突き出すような姿勢が長いと、頚椎に負担がかかり歪んでしまいます。その結果、先ほど述べたような肩こりなどの症状に悩まされてしまうんです。

もし、ストレートネックによる諸症状がつらいなら、枕を変えてみるとよいかもしれません。寝ているときに枕の高さが合わないと、首に大きな負担がかかり、肩こりや肩のハリを招いてしまうんです。

首回りや肩の疲れを取りたい方は、自分に合った枕を使うこと。寝ている間の姿勢がよくなれば、ストレートネックの症状は軽減されます。

枕を変えてしっかり眠ろう

私たち現代人の生活は、スマホやパソコンなど、ストレートネックの原因であふれています。なかには、仕事で長時間使わなければならず、無意識に無理な姿勢を続けてしまっているかもしれません。そこで、せめて寝るときくらいは、ストレートネックにならないような枕を選ぶとよいでしょう。

枕にこだわると、寝ているときのいびきや睡眠時無呼吸症候群にもよい効果があるといわれています。ぐっすり眠れたら、疲れもスッキリとれるはず。寝ても疲れがとれないとお悩みであれば、自分の身体にぴったりフィットする枕を選び、快眠できる環境を作るとよいでしょう。

Photo by Harold Navarro

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂