光で優しく起こしてくれる目覚まし時計で目覚めもバッチリ!

Goods 2015年05月11日(月)

光で優しく起こしてくれる目覚まし時計で目覚めもバッチリ!

眠る女性

「目覚めが悪い」「朝起きられない」「起きても疲労感が残る」「聴覚障害がある」…そんな方にオススメなのが、光で徐々に起こしてくれるSolartoneの「Bright Up Clock」。それでは、どんな目覚まし時計なのか見ていきましょう。

人間の生体リズムは朝の日の光で起きるようになっている

人間の生体リズムは、朝に日が昇ることで目覚め、夜に日が沈むことで、睡眠に導かれます。

ですから、特に日照時間の短い秋から冬の間に「朝起きることができない」「二度寝してしまう」「起きても体が動かない」という症状の人が増加します。「一年中そのような症状だ」という方も多いでしょう。シャッターを閉め切ったり、斜光カーテンで寝ていませんか?

ぐっすり眠っているときにけたたましい目覚まし時計のベルの音で起こされる不快感は誰でも経験したことがあるでしょう。そこで、「Bright Up Clock」の登場です。

起床時間の90分前に光を点灯、レム睡眠に導く

この時計は、起床の90分前に短時間(1秒~60秒まで設定可能)の光を発し(プリウェイク機能)、眠りの浅いレム睡眠状態に導いて起床時間になると最大3万ルクスの屋外のよう高照度の自然な光と電子音で、快適に起きられるのです。

なぜいったんレム睡眠状態にするのが良いかというと、レム睡眠状態のときに目覚めるとスッキリと快適に起床できると言われているからです。またなぜ90分前にいったん点灯するかというと、一般的に人間は、レム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠を約90分ごとに繰り返していると言われているからです。

また、光源には特殊蛍光管を使用しています。近年、問題視されているブルーライトを多く含むLEDは使用していません。インバーターを内蔵しているのでちらつきもなく、夜寝る前に読書などをする際も使用できます。

プリウェイク機能は、最初は1~2秒程度から試してください。長く設定し過ぎるとそのタイミングで目覚めてしまう可能性があります。

朝、熟睡中に目覚まし時計のうるさい音でたたき起こされることに閉口していた人は多いのではないでしょうか。生体リズムを利用して光で優しく起こしてくれる目覚ましなら皆さんもウェルカムですよね!

Photo by galaxies and hurricanes

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂