睡眠不足が原因で肥満に!? 困ったときの深夜食のオススメは?

Health & Beauty 2015年05月09日(土)

睡眠不足が原因で肥満に!? 困ったときの深夜食のオススメは?

夜食を食べる女性

寝る前に何か食べないと眠れないという人は少なくないかもしれません。でも、これは注意が必要みたいですよ。今回は誰もが経験したことがあるであろう就寝前の食事が体に及ぼす影響と、オススメ深夜食についてです。

寝る前の食事に要注意!

夜遅くの食事は当然ながら睡眠にも影響してきます。胃に食べ物が残った状態のまま眠ると消化に時間がかかり、胃が働き続けるため熟睡できません。

それだけでなく、逆流性食道炎などの病気にもなりやすくなると言われています。みなさんも寝る前にラーメンなど食べていませんか? 食べる前にこのことを思い出してくださいね!

睡眠と食事の密接な関係

睡眠と食事というのは、本当に密接な関係にあるようです。たとえば、徹夜をしなければならないとき。深夜にどうしても炭水化物が欲しくなることがありませんか?

これは自然の摂理とでも言うべきもので、睡眠がとれないということは私たちの体にとっては大きなストレスになるため、グレリンと呼ばれるストレスホルモンが分泌され、食べたくなってしまうというわけです。

「じゃあ、体が生存するために本能的に求めているってことだよね。しょうがないじゃん!」とはいきません。やはり、こちらも肥満の原因になると言われているのです。

睡眠不足が肥満の原因に

睡眠不足の状態が続くとグレリンが増えるだけでなく、レプチンという代謝を高めるホルモンが減少してしまうそうです。つまり、食べたくなるけれど、カロリー消費率は低下するという悪循環。これではデブまっしぐらそのものです。

「でも、食べたいのに食べられないストレスを抱えるのも体に毒じゃん!」という意見もごもっとも。徹夜をしないのが体にとってはベストかもしれませんが、いろいろな大人の事情でそうもいきませんよね。

そんなとき、ラーメンなどの脂っこくて糖分が高いものはNG! どうしても……というときは蕎麦やささみ、ヨーグルトなどがよいそうですよ。脂肪分が少ないものを選ぶのがポイントです。

Photo by Corie Howell

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂