ロジカルシンキングの敵! 睡眠不足がもたらす悪影響

Work 2015年05月06日(水)

ロジカルシンキングの敵! 睡眠不足がもたらす悪影響

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングのメリットって?

仕事をしているときに、相手に伝えたいことがあるのにうまく伝えられない、ということはありませんか? この原因の多くは、伝えたい事項を頭の中でうまく整理できていないため。正しく伝達ができなかったために認識が食い違ってしまう、といったこともあるでしょう。

物事を伝えるときに大切なのは、頭の中で論理的に物事を整理できる力……つまり、ロジカルシンキング(論理的思考)です。この能力を鍛えることで、伝達の行き違いがなくなったり、問題解決までの流れがスムーズになったりと、さまざまなメリットをもたらしてくれます。さらには、ロジカルに物事を説明できるようになることで、相手からの理解や信頼も得られやすくなるんですよ。

睡眠不足とロジカルシンキングの関係

ロジカルシンキングは思考力が問われるため、脳がしっかり働いていることが大切です。せっかく高い能力を身に付けても、体調が優れないときだと、そのパフォーマンスを最大限に引き出せないこともあるんです。

仕事に熱意を注いでいるビジネスマンの中には、寝る間も惜しんで働こうと考える方もいるかもしれません。でも、睡眠不足はロジカルシンキングを低下させる要因のひとつです。実際、健康な成人の場合、起床後12~13時間を過ぎると作業能率や生産性が下がるとされていて、さらに、17時間以上起きていると、飲酒運転時と同じくらいまで作業能率が下がると言われているんです。

「仕事を頑張らないと」という気持ちとは裏腹に、睡眠不足が原因でどんどん作業が非効率になってしまうこともあるので、注意しましょう。

ぐっすり眠ってデキるビジネスマンを目指そう!

正確に、効率良く仕事をこなすためには、充分な睡眠が欠かせません。脳が健康な状態を保っていれば、冷静に物事を判断できるようになり、ヒューマンエラーも減るはず。また、営業先で論理的に物事を説明できれば、相手からの信用が得られて仕事を増やすきっかけにもなるかもしれません。

さらに、プライベートのシーンでも、自分の考えを正確に伝えられるようになることで、今まで以上にコミュニケーションが円滑になることもあるでしょう。

このように、ロジカルシンキングはさまざまなシーンで役立ってくれます。この能力を常にいい状態で引き出すためにも、睡眠時間をたっぷりとるよう心がけましょう!

Photo by Jere Keys

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂