睡眠障害を気軽にチェック? 「スリープスコープ」を徹底解明

Medical 2015年05月04日(月)

睡眠障害を気軽にチェック? 「スリープスコープ」を徹底解明

ベッドで横たわる女性

検査って気が重いですよね。「悪いところが見つかったらどうしよう」などと、ネガティブなことばかり考えてしまって……。ただでさえ腰が引ける検査だからこそ、お金も時間もなるべくかからないほうがいいですよね。

スリープスコープとは?

5人に1人以上は睡眠に悩みを抱えているとも言われている不眠大国・日本にとって、睡眠の問題を解決することは国民の健康だけでなく、国全体の経済発展にも欠かせない重要な項目と言えるかもしれません。

そのような状況下で登場したのが小型脳波計「スリープスコープ」。公益財団法人大阪バイオサイエンス研究所の協力のもと、株式会社スリープウェルが開発したこの機器は、頭に2つの電極をつけるだけで睡眠時脳波の測定・評価を実現したものと言われています。

ただ、専門家ではない一般の人がこれだけ聞いても「それで測定・評価して、何がどうなるの?」と思いますよね。そこで今回は、この機器がどのようなことに役立てられるのか調べてみました。

睡眠障害の有無をチェック

この機器で測定したデータをもとに、睡眠時の脳波を分類することができるそうです。(1)覚醒、(2)レム睡眠、(3)浅いノンレム睡眠、(4)深いノンレム睡眠で、これを分析することで睡眠障害の有無や睡眠効率などを調べることができると言われています。

今までは、これらのことを調べるためには「睡眠ポリグラフ検査」と呼ばれる検査を実施できる数少ない病院を探して行かなければならなかったそうです。

それがこの機器を使えば自宅でも計測できるのだとか(レンタルも可能)。今後ますます一般家庭などに普及すれば、誰もが簡単に睡眠時の脳波を計測できるようになるかもしれませんね。

患者の負担を軽減

医療の現場ではすでに活用されているようで、あるクリニックでは睡眠時無呼吸症候群の検査のためにスリープスコープを導入し、患者に自宅に機器を持ち帰ってもらって自分で測定してもらい、郵送で返却という形式をとっているそうです。

泊まり込みで検査をして、さらに結果を聞きにまた病院へというのはかなり大変ですが、自宅で検査ができてあとは郵送であれば我々の負担はグッと減りますよね。

Photo by Eugene H. White

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂