春の肌荒れ! ぐっすり眠ると強い肌に

Health & Beauty 2015年04月21日(火)

春の肌荒れ! ぐっすり眠ると強い肌に

健康的な女性

春になると肌荒れに悩む女性もいるのではないでしょうか。原因はいろいろ考えられますが、改善するためにはスキンケアなどのほか、睡眠も重要な役割を持っています。しっかりと眠り、肌のバリア機能を回復させれば悩みの種の春の肌荒れも改善できるかもしれません。

春の肌荒れ!その原因は?

春になると穏やかな気候になりますが、私たちが思っている以上に空気が乾燥しており、肌に悪影響を与えることもあります。さらに、花粉の飛散や生活環境の変化など春は肌荒れを引き起こす原因がたくさんある季節なのだとか。

そして、春になれば冬と比べて紫外線の量も増えるため、肌は知らず知らずのうちにダメージを受けています。そのダメージによって私たちの肌に備わっているバリア機能が低下するので肌荒れを引き起こしやすい状態へと変化するそうです。

春の時期に低下しやすい「バリア機能」は言葉を耳にしたことがあっても、どのような役割をしているか知らない人も多いのではないでしょうか。

肌のバリア機能の役割は?

私たちの肌に備わっているバリア機能には、肌の水分が出ていくのを抑えてくれる働きがあるのだそうです。それによって肌が水分不足になるのを防いでくれますし、外部からの刺激や異物が侵入するのを防いでくれる働きもあるのだとか。

そんな肌のバリア機能は、低下すれば肌荒れなどの悩みを引き起こしますが、逆に高まれば肌の老化を防いでくれる力強い味方です。さらに、外部からのダメージを受けにくい健康的な肌を保つこともできるそうなんです。

毎日の生活の中で睡眠時間が不足してしまうと、肌のバリア機能が低下すると言われており、肌を健康な状態に保つことができなくなります。また、睡眠不足が与える影響はそれだけではなく、副腎皮質ホルモンのコルチゾールの濃度が高くなってしまうそうです。そのコルチゾールが身体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

しっかり眠る!肌荒れしらずの元気な肌に

私たちが眠っている間は成長ホルモンが多く分泌されるのですが、その成長ホルモンには皮下組織の水分量をキープする働きがあるほか、肌のターンオーバーを促してくれる働きもあるのだとか。

だからこそ、睡眠不足にならないように睡眠時間はしっかりと確保して眠りましょう。睡眠がとれていれば成長ホルモンの働きによって肌を健康的な状態にキープできるのではないでしょうか。健康な状態の肌へと導き、肌荒れに悩まされることのない強い肌をつくっていきましょう。

Photo by Mateus Lunardi Dutra

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂