睡眠の研究で明らかに! 最も熟睡できるのはアジア系だった!?

Medical 2015年04月13日(月)

睡眠の研究で明らかに! 最も熟睡できるのはアジア系だった!?

アジア系の美女

あるアメリカ国内におけるアンケート調査によると、アジア系は、他の人種の方たちと比べると、良好な睡眠をとれていることが判明したそうです。さっそく見てみましょう!

アメリカ国内の睡眠研究

アメリカ人の睡眠を調べるために、米国内在住の25~60歳の約1,000人を対象にして行われました。さすが、「人種のるつぼ」と言われるアメリカだけあって、国内だけの調査で人種間の違いまでわかってしまうんですね。

さて、それでは結果を見ていきましょう。人種間でどのような睡眠の差があったのでしょうか?

最も寝つきが悪い人種とは?

最も寝つきがよくない人種はヒスパニック系だったそうです。その理由は「仕事や家庭のことなど、悩みがあるから」というもの。週に2日以上、不安で眠れない日があると答えたヒスパニック系の人は約4割に及ぶのだとか。

面白いのが「就寝前に一番、忙しい人種」という項目。正解は、どの人種だと思いますか? これはアフリカ系で、お祈りの儀式をしたり、寝る前にテレビを見たりするという人たちがそれぞれ約7割を占めたそうです。

余談ですが、ヒスパニック系とアフリカ系の人たちは、「毎晩、性行為をする」という回答が多く、なんとアジア系の10倍に及ぶのだとか。これも睡眠に影響しているのかもしれませんね。

アジア系は精神的に安定している?

アジア系はというと、「ぐっすり眠れる日が週に2日以上ある」と答えた人が8割以上いて、さらに「睡眠補助薬なしで眠れる」という人が大半を占めたそうです。これは他人種と比べて、一番よく眠っているという調査結果だったそうですよ。

アメリカ国内では睡眠に関する調査は毎年行われているそうですが、人種別に傾向を見る調査は初めてとのこと。もっともアジア系のうち日系を含む日本人がどのくらい対象となっているのかはわかりません。

しかし、もっと調査が進んでアメリカ国内のアジア系の安眠傾向が確立されれば転勤などで移住が決まった日本人の不安材料が減るかもしれないですね。

Photo by kaybee07

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂