よく眠れていない気がする……その原因は眼瞼下垂かも!?

Medical 2015年04月02日(木)

よく眠れていない気がする……その原因は眼瞼下垂かも!?

女性の目元アップ

耳慣れない人も多い「眼瞼下垂(がんけんかすい)」。眼瞼下垂とは、目が十分に開きにくい状態のことです。先天的に、この症状をもつ人もいます。ただ、なかには眼瞼下垂を睡眠不足だと勘違いしている人もいます。反対に、眼瞼下垂が睡眠障害を招くこともあるようです。眼瞼下垂と睡眠の関係性に迫ります。

眼瞼下垂で起こりうる症状とは!?

眼瞼下垂は目が開きにくく視界が狭まるので、肩や頭に力が入ります。常に筋肉が緊張しているような状態なので、肩から首、背中などが張っているような感覚を受けます。緊張性頭痛や偏頭痛と呼ばれている症例のうち、眼瞼下垂が原因と思われるものも少なくないようです。

気分が落ち込んだり、わけもわからずイライラしたりするなどの気分障害も起こり得ます。目や顔の片面がピキピキと痙攣することも多いかもしれません。

さまざまな症状が合併して起こるのが眼瞼下垂。「なんとなく調子が悪い」で済ませてしまっているケースも多々ありそうです。

眼瞼下垂が睡眠に及ぼす影響とは?

眼瞼下垂は眠りにも大きな影響を与えることがわかっています。寝ても起きても疲れている感覚が抜けないことから、寝つきが悪くなってしまうのです。

やっと入眠しても、ストレスを溜めやすい状態が続いているので、眠りが浅かったりグッタリするような夢を見続けたりしてしまいます。そのため、「眠った気がしない」と感じる人も多いようです。

さらに、眼が開きにくいため、昼間眠気を感じる人もとても多いです。仕事中に居眠りをしてしまったり、常に倦怠感のような眠気を感じたりしてしまいます。

また眼瞼下垂から自律神経失調症などを引き起こす場合もあり、そうすると一層、夜眠くなり朝目覚めるという人間の正常な活動がしにくくなっていきます。

夜寝つけないのに、昼間は眠気がとれないという人は、眼瞼下垂を疑ってお医者さんに相談してみてもよいでしょう。

眼瞼下垂と向き合いながら快適な生活や睡眠を実現するにはどうしたら良いか

眼瞼下垂はコンタクトで目を酷使することで起こることもあります。ちょっと疲れているな……という日には、メガネに替えてみるとよいでしょう。

目をこすることもNG。特に女性はメイクを落とすときにゴシゴシと目をこすってしまいがち。顔を洗うときはそっと撫でるように目の周辺を洗うことが大切です。

パソコンやスマートフォンを見て目を使い続けることも眼瞼下垂を引き起こす原因です。目が疲れているな……と感じたら、画面から目を離しましょう。

眼瞼下垂で悩む方は美容整形外科などで、瞼の手術をするという方法があります。瞼のたるみを除去するのです。これにより症状が改善する例は少なくありません。

メスを入れるのは怖い……という人は、白目をむくように目線を上げる訓練をしましょう。眼瞼下垂は目の筋肉の衰えから起こるので、その衰えた筋肉を鍛えるのです。10秒間視線を上げます。これを1日3セット続けましょう。

また、ギュッと目をつぶって、パッと開くことを繰り返すのも有効です。疲れ目対策や、痙攣を緩和させる役割も担います。これも1日3回行いましょう。

瞼の筋肉を鍛え、さらに緊張をほぐすことが自分でできる対策です。

Photo by Dylan H.

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前にお茶やコーヒー、タバコなどをとるのはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂