太るだけじゃない! ファストフードが睡眠不足の原因に!?

Food 2015年03月31日(火)

太るだけじゃない! ファストフードが睡眠不足の原因に!?

食事をしながら残業をする男性

「一昨日のランチは何を食べた?」と質問をされて、思い出せない人がたくさんいると聞きます。これは食事が軽視されている、または仕事などが忙しすぎるということの現れかもしれません。

睡眠不足の原因に?

ハンバーガーにサンドウィッチ、フライドチキンに牛丼など、体にはあまり良くないのかな…と思っていても、ついつい食べてしまうのがファストフードの特徴かもしれません。

このファストフード、じつは不眠の原因にもなるという説があるのをみなさんご存知ですか?

ファストフード=短時間ですむ食事。たとえば、サンドウィッチはイギリス貴族の伯爵がトランプに熱中するあまり、ゲームをしながら食べられるということで考案された食事だというのは有名な話です。

睡眠よりも熱中するものがあると…

なぜ、「短時間ですむ食事」だと不眠になるの? と思われるかもしれませんね。逆に、「食事が短時間ですむのだから、そのぶん睡眠にまわせるじゃん!」と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、ウィンドウズを世に生み出したビル・ゲイツはトランプに熱中した伯爵のように、いつもハンバーガーを片手に食事だけでなく眠る時間も惜しんで仕事をしていたと言われています。

読者の方の中にも残業をする際、ファストフードを食べながら仕事をしているという人は少なくないのではないでしょうか?

スローフードの時代を見直す

何かをしながらの食事は満腹感が得られにくく、かえって食事の量を増やしてしまう傾向があるそうです。また、手軽に食べられるファストフードには塩分や糖分、脂肪分が多く含まれ、夜遅くに食べると胃腸に負担をかけ、睡眠に影響が出てきます。

寝る暇もゆっくり食事をする暇も惜しんで何かに集中するのは素晴らしいことかもしれません。でも、睡眠不足になってしまって、さらには体も壊したなんてことになったら元も子もありませんよね。

ファストフードもたまにはよいですが、この機会に食事の時間、仕事の時間、睡眠の時間を区切る生活スタイルに改めてみてはいかがでしょうか?

Photo by Adam Tuttle

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前にお茶やコーヒー、タバコなどをとるのはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂