眠気解消の最新端末! ウェアラブル端末が教えてくれる!

Goods 2015年03月28日(土)

眠気解消の最新端末! ウェアラブル端末が教えてくれる!

車を運転する女性

何でも小さくなって、持ち運びができるようになっている現在。うれしい反面、私たち人間はどんどん筋肉がなくなってしまいそうな予感がしますね……。さて、今回は最新の眠気解消法ともいうべきウェアラブル端末に迫ります。

ウェアラブルとは?

ウェアラブル(wearable)とは直訳すれば「着ることができる/着用に適する」という意味。今は各種メーカーがスマホやセンサーなどのハイテク機器をウェアラブルにして商品化していることはみなさんご存知のことだと思います。

それらを「ウェアラブル端末」と呼ぶそうで、現在の1つのトレンドになっています。ウェアラブル端末には主に、リストバンド型や腕時計型、メガネ型などがあります。

今後さらに小型化、軽量化、あるいはハイテク化が進むと予測されているようです。

最新の眠気解消法

加熱するウェアラブル端末市場ですが、ついに「ドライバーの眠気を検知するウェアラブルセンサー」が開発・発売されるそうです(3月頃の出荷予定)。名前は「FEELythm」。

これは首からかけて、耳たぶにセンサー(クリップ状のもの)をつけて使うそうで、脈拍のリズムや大きさの変化を検知し、眠気と判断するとドライバーに振動や音声で知らせるというもの。

居眠り運転が即事故につながるトラックやバスの運転手に重宝されそうですよね。数年後、数十年後には一般市民も含めて全てのドライバーが装着している、なんてこともあるかもしれません。

懸念すべき点も

ウェアラブル端末はどこまで進化するのでしょうか? ある調査によると、販売台数は国内で2013年度に40万台だったものが2020年度には600万台になると予測されています。

私たちの予想を上回るペースで、いろいろなものが小型化し、ウェアラブルになっていくかもしれませんね。ただ、やはり懸念すべき点というのはいくつかあるようです。

その1つがプライバシーの問題。メガネ型や腕時計型の端末でカメラがついているものなどは、撮られている側が気づかないという恐れもあると言われています。技術ばかりでなく、モラルの面も進化が求められるかもしれませんね。

Photo by Kasya Shahovskaya

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂