夜食のラーメンは睡眠不足の原因だった!

Food 2015年03月25日(水)

夜食のラーメンは睡眠不足の原因だった!

夜食のラーメン

夜になるとお腹が空いて何か食べたくなるという人もいるはず。そんなとき、ラーメンは夜食にピッタリという人が多いようですが、実はそのラーメンが睡眠不足の原因になっていることをご存じでしたか? 今回は、ラーメンが睡眠不足を招く理由についてご紹介します。

夜食の定番ラーメンが睡眠の質を下げる!

夜食のラーメンはダイエットの天敵のように思う人もいるかもしれませんが、定番料理として愛されています。でも、深夜にラーメンを食べるとぐっすり眠れなくなるという説があることをご存じでしょうか。

金沢医科大学の研究グループは、麺類が睡眠の質を下げる傾向にあることを発表しました。うどんやそば、パスタを主食とした食生活を過ごす人は、お米を主食とする人に比べて眠りが浅くなる可能性が高くなるようなんです。

夜食のなかでも人気があるラーメンには塩分がたっぷり含まれています。その結果、特に睡眠の質を下げてしまうのですが、どういう理由があるのでしょうか。

ラーメンを食べるといびきをかく!

カナダ・トロント大学の研究によると、いびきの原因は塩分のとりすぎが関係していると言います。つまり、ラーメンを食べているといびきをかきやすくなるんですが、そのせいで眠りの質が下がってしまうのです。

寝ているときにいびきをかいている人は、そうでない人に比べて血液中の酸素量が10~20%下がってしまうのだとか。すると、十分な睡眠時間を確保したにもかかわらず、十分に疲れがとれなくなってしまい、いくら寝ても寝足りないという状況を招いてしまうのです。

また、いびきをかいている人のなかには、睡眠時無呼吸症候群を発症しているというケースも。症状を放置していると、高血圧や糖尿病になるリスクが高いので注意が必要です。

夜食を控えて早寝早起きをしよう

夜遅くまで起きていると、お腹が空いて夜食をとりたくなるのは自然なこと。ついラーメンを食べたくなるのは、仕方ないことかもしれません。でも、夜遅くにラーメンを食べるのは、上記のように睡眠の質を下げてしまうのです。

夜食をとると翌朝にお腹が空かなくなり、食事が夜型サイクルの悪循環に陥り、睡眠不足を招いてしまいます。さらに、夜食をとる夜型サイクルは肥満のリスクも高くなってしまうので注意しなくてはいけません。

お腹が空いて我慢できないという人もいると思いますが、早寝早起きの朝型サイクルになれば、夜食のラーメンともお別れできるはず。ぐっすり眠るためにも、朝型生活を心がけましょう。

Photo by Thomas Weidenhaupt

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂